« リタ、またまたドッグランへ | トップページ | 名古屋 千葉に逆転勝利!今季2回目! »

2006/10/26

U-21日本代表、中国に連勝

名古屋グランパスの本田、序盤は守備を意識していたようで、なかなか画面に出てこない。途中アナウンサーに「左サイドの”中村圭佑”」と名前を間違われたあたりから、徐々に存在感を見せ始める。右サイドの中村北斗へのサイドチェンジ、増田からのグラウンダーのパスを、ワンタッチでループシュート。左サイドの深い位置から、相手を抜ききらないタイミングでクロス。後半も惜しいヘディングシュートやミドルシュートを見せたかと思うと、長い距離を走ってのディフェンスなど、かなりの奮闘ぶり。本来彼は使う側の選手だと思うんだけど、このチームでは使われまくりだ。このようなプレーを必死にこなす姿は好感度大(ただの身びいき)。それに比べて、梶山ってどうなんだろう。このチームの攻撃の中心的存在、巷で言うところの司令塔的な役どころだと理解しているんだけど、いまいち地味な感じが否めない。ゴールを決めているし、豊富な運動量を見せて、自陣ゴール前まで戻って体を張ってディフェンスしたり、中盤でボールを落ち着かせたりしていたけど(あれ、以外と効いてる?)、もう少し俺様的なプレー(?)を期待していたので、何か物足りなく感じてしまった。この試合では、ポジションが少し低めだったせいもあるのかもしれないけど・・・。要は、本田にも中盤の真ん中をやらせてみたらどうなんだ?ってことを言いたいわけなのだ(ただの身びいき)。平山は、確かに高さがあってボールは収まるけど、パスにしろキープにしろ、その次のプレーがなんかスカッとしない。判断が遅かったり、そうじゃないだろーと思ってしまうことが多い。彼しかいないのかなー。コンディションが上がってくれば、もう少しやれるのかな。あと、ペナルティエリア近辺でのFKが少なかった。本田が直接狙う場面が1回もなかったのは少し寂しい。それと、選手交代がなんだか面白くなかった。スタメン引っ張りすぎ。谷口、前田なんてプレーしたのは5分足らず。それだけ勝ちにこだわったのかもしれないけど、もう少し色々試すと思っていたのでちょっと残念だった。とはいえ、この世代では強いと評判の中国相手に、2-0、2-0の結果を出すとは思わなかった。ディフェンス陣はなかなか強力だし、ボランチもタレント豊富。攻撃の連携が取れてくれば、もっといいサッカーになるかもしれない。

|

« リタ、またまたドッグランへ | トップページ | 名古屋 千葉に逆転勝利!今季2回目! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/3955541

この記事へのトラックバック一覧です: U-21日本代表、中国に連勝:

« リタ、またまたドッグランへ | トップページ | 名古屋 千葉に逆転勝利!今季2回目! »