« ガーナ戦感想 | トップページ | 名古屋 東京に敗れる »

2006/10/06

次のキーワードになりそうなコトバ

「走る」、「考えながら走る」に続きメディアが多用しそうなコトバ。それは「ポリバレント」。歯磨き粉のことではない。ポリバレント(多様性)ということば、例えばポリバレントなプレーヤーといえば、今までは色々なポジションが出来る選手のことだと思っていた。ポリバレントな能力のある選手がいれば、ゲーム中にシステム変更しやすいという点で重要視されるのは、よく言われていることだ。ところが、ここ最近のオシムの会見やらいろんな記事を読んでいると、それだけではないことがわかってきた。多様性ということばには、一人のプレーヤーがゲームの中で、サッカーにおける多様なプレーをする(出来る)ということも意味するのだ。例えば、DFはただ相手FWをマークし、クロスボールを跳ね返すだけではなく、ドリブルで攻め上がることもできなくてはならない。FWはゴール前でボールを呼び込んだり、シュートを打つだけでなく、時にはディフェンスラインまで下がってタックルをしなければならない。MFは真ん中でパスをさばくだけでなく、ゴール前に走りこみシュートを打ったり、相手のサイドプレーヤーの上がりをケアしなければならない。それらのプレーを様々な状況において、個々のプレーヤーが判断し選択すること。その判断の質、スピードを高めていくこと(もちろん選択したそのプレーを正確に、効果的に実行できなければならない)。それがオシムの求めていることなんだと思う。なぜそうしなければならないのか、それは、世界を相手にする場合、残念ながら個々の能力での勝負では勝ち目が薄いからだ。それは昨日のガーナ戦を見ても明らかだし、神様ジーコもW杯後の総括で語っていた。敗因はフィジカルの差だと。あるチームにエトーがいて、ロナウジーニョがいて、ジェラードがいて、カンナバーロがいれば、各々が自分の得意分野をこなすだけでもチームとして強力かも知れない(実際はそうではないが)。でも日本にはそのようなプレーヤーはいない。闘莉王、平山、ハーフナー・マイクを並べたって劣勢は免れないと思う。だから、攻めも守りも人数をかけて数的優位を作る。相手よりも早い判断で先を読み優位な状況を作る。そのためには、相手よりもたくさん走り、早く考えなければならないのだ。オシムはこんなことを言っていた。ストッパータイプの選手は守備はいいが、攻撃の時に威力が半減してしまう。攻める時は相手の守備5~7人に対して10人で攻める。守る時は相手の攻撃5~7人に対して10人で守る。ポジションなんてあって無いようなもの。究極のトータルフットボール。ちょっと極端な例えだけど、オシムはそういうサッカーが日本人に合っている、あるいは日本人の目指すべきサッカーだと考えているのではないだろうか。そんなことを考えていたら、やれCBの数が少ないだとか、MFが多すぎるだとか、”FWのゴール”というものにこだわる必要はないのかなと思った(正直ガーナ戦の3バックはかなり心配ではあったが)。

|

« ガーナ戦感想 | トップページ | 名古屋 東京に敗れる »

コメント

こんにちは。
誰もが攻められて守れる・・・究極のトータルサッカーですね。得意なポジションに固執しないだけの柔軟さが求められているのだと思います。こだわりを捨てなければいけない状況は多々有りますものね。
オシムの言う多様性・・・どんな花を咲かせるのか楽しみです。

投稿: *aprile | 2006/10/06 11:07

*aprileさん
世界に通用するスペシャルな選手がいれば、それを重用するといった方法もあると思いますが、今は土台作りと考えてます。そのうち呼ぶのでしょうけど、海外組を招集しない方針も別に違和感ないです。

投稿: yamamo8 | 2006/10/06 12:51

うむむ。深いですね!でもわかりやすいです。興味深く読ませていただきました。オシムの目指すサッカーがこのような形に結実したらものすごく魅力的ですけど、どうなりますことか。今後はポリデント、じゃなくてポリバレントに注目して見守っていきたいと思います。しかしまだシロートのアタシの目には見えないかも…(^_^;)

投稿: コリアンダー | 2006/10/07 22:44

ポリバレントとポリデント、、、似てますね~(笑)
まぁそれはいいとして、オシム監督は特にDFラインからのゲームの組み立てっていうのを重視していますね~。阿部をDFにしてるのもそういった理由からでしょうね。
世界的に見てもDFが「ディフェンスだけしとけばいい」という時代は過ぎ去っていますから日本のDFはやっぱり遅れてると言えるでしょうね。

投稿: ガッちゃん | 2006/10/08 00:10

コリアンダーさん
勝手に思い込んでるだけかも知れないけど、前任者と違って、いろいろなことを考えさせてくれるので今の代表は面白いです。千葉のスタイルも好きだけど、代表ではさらにスケールアップしたカタチを作り上げて欲しいものです。

ガッちゃん
ポリデントは入れ歯の洗浄剤でした(歯磨き粉じゃなくて)。それはいいとして・・・。
そうですね、ディフェンスラインからのフィードは求めているでしょうね。闘莉王も何気にパスうまいですからね。世界との違いはDFの質と、もうひとつは何度も言っているようにシュートレンジの狭さ、意識の低さでしょうね。今日のスパサカの"super goals"もミドルシュートばっかりでした。

投稿: yamamo8 | 2006/10/08 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/3698602

この記事へのトラックバック一覧です: 次のキーワードになりそうなコトバ:

» 【大人用】日本代表×ガーナ代表 レポート [おもしろサッカーアルゼンチン]
国際親善試合「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ 2006」 10月04日 19:20?? 会場:日産スタジアム ? 日本0―1ガーナ まず、オシム監督の選手選びですが、まだまだテスト中だと思いますね。 今日出場しなかった田中達也と闘莉王は、合格なので選ばれ... [続きを読む]

受信: 2006/10/06 07:56

» 【もぐらたたき】-ゲームでもしない??- [【もぐらたたき】-ゲームでもしない??-]
もぐらたたきゲームがオンラインであるって知ってました??(笑) [続きを読む]

受信: 2006/10/06 17:16

» [サッカー思想]お箸は食べ物ではない [KINDの日記]
 インド戦当日ですが、最近続いている「トータルフットボール」、「ポリバレント」の議論の続きを。自分として、より分かりやすい語り口が浮かんだのでメモします。(これまでの議論は以下を参照してください!) KINDの日記 - オシムと、スペシャリストと、ポリバレンスと... [続きを読む]

受信: 2006/10/11 09:26

« ガーナ戦感想 | トップページ | 名古屋 東京に敗れる »