« 名古屋 大宮に逆転勝ち! | トップページ | ガーナ戦感想 »

2006/10/02

ディープ凱旋門賞制覇ならず!

日本の馬として初の(ヨーロッパ以外の馬としても初の)凱旋門賞制覇に挑んだディープインパクト。残念ながら3着に終わり、世界に大きな衝撃を与えることはできなかった。

2枠に入ったディープは、好スタートから終止2,3番手につけ、手ごたえも余裕たっぷり。最後の直線に向くと、あとはどれだけ離すんだといった感じだったが・・・。ライバルと目されていたハリケーンラン、シロッコには完全に差をつけたところを見ると、ある程度力は出せたと思う。しかし、斤量の軽い伏兵2頭に隙をつかれた格好になってしまった。もう少し切れると思ったんだけどなぁ。長い直線だった。馬券も買ってないのにあんなに声が出るとは思わなかった。いったんかわされた後、差し返そうとした根性にはしびれた。

完全アウェーであることも、3歳馬とは3.5kgの斤量差があり、古馬よりも3歳馬が有利なレースであることも分かっていた。そんなのは承知で挑戦しているのだろうから、言い訳にしかならない。展開や斤量差がどうであれ、絶対的な力があれば跳ね返せたはずだけど、競馬に、勝負事に絶対はないのだ。それにしても、着差は1馬身足らずだっただけに残念だなぁ。あとは、無事に帰ってきてくれることを願おう

|

« 名古屋 大宮に逆転勝ち! | トップページ | ガーナ戦感想 »

コメント

こんばんは。
ディープは残念でしたね。
馬場も芝も全然日本と違うと事前に調査に行かれた調教師の方も言われてましたね。う~ん、やっぱり勝負事に絶対は無いんですね。レース展開もフランス流だったとか・・・元気に帰って来て欲しいですね。お疲れ様でした。武騎手、ディープ。

投稿: *aprile | 2006/10/03 21:54

*aprileさん
本当に残念でした。ブラジルだって日本に負けることがあるように、色々な条件によって結果が左右されてしまうことが勝負の世界にはありますね。特に競馬は不安定な要素が多いですからね。それでも勝つと思っていた日本人は多かったようですけど。

投稿: yamamo8 | 2006/10/04 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋 大宮に逆転勝ち! | トップページ | ガーナ戦感想 »