« 納会 | トップページ | 夏のひとコマ »

2006/09/04

サウジアラビア戦

ホームでのイエメン戦よりは良かったような気がする。ボールを前に動かそうとする意志が感じられ(これが悪いほうにも影響してしまうのだが)、なかなかいいカタチで決定機を作れていたと思う。前半の三都主→田中達、遠藤のミドル、終了間際のワンタッチプレーからの羽生のシュートは入ってもおかしくなかった(いずれもGKがファインセーブ)。アウェー、高温多湿という悪条件の中、一部の選手を除き最後まで走れていた。悪かったところは、前半20分くらいまでの慌てぶりと、縦に急ぎすぎてパスミスが多かったところ、時々中盤がスカスカになってしまったところ、後半終了間際のまごつきぶりだろうか。さらに細かいところを言えば、プレーの選択がちょっと違うんじゃないかなと思ったり、選手同士が同じスペースを狙ってしまい、重なってしまうところもあったりしたけど、これは、連携が出来てくれば良くなっていくだろう。全体的に見るとまずまずだったと思う。立ち上がりは不安いっぱいだったけど、途中からはサウジを圧倒する場面もあり、勝てない試合でもなかっただけに、この結果は残念ではある。

それにしても、最後の5分間くらいはさすがにちょっとイライラした。時間がないし、闘莉王が上がっているのがわかっているはずなのに、パワープレーを徹底出来なかったのはなんででしょう。日本人らしくないから??簡単に放り込まない加地や駒野や三都主は、いったいどうしたかったんだろう。パワープレーというのは、ある意味結果を求めるための最後の手段、悪あがきであり、それがいい方向に転がったとしても、あまりほめられたものではないのかもしれない。でも、このゲームでは内容的には負けていなかったと思っているし、その内容に見合う結果を残すという意味では、悪あがきアリだったと思う。というより、負けている試合で、審判が今にも笛を吹こうとしているのに、横にパス相手を探しているのには閉口してしまった。

|

« 納会 | トップページ | 夏のひとコマ »

コメント

こんにちは。
試合は中途半端な夜中だったので見ていないのですが、中東特有の蒸し暑さに苦しめられたとニュースで言ってました。
今回は鈴木のワンボラだったとか。中盤にスペースが出来すぎでした?
ここぞと言う時にどうして日本はパワープレーが出来ないのか・・・わたしは日本選手はパワープレーが下手だと思います。

投稿: *aprile | 2006/09/05 16:18

この試合、見るのを結局サボってしまいました(^_^;)ので、ここでcheckさせていただきます。
ふむふむ、負けはしましたが着々と成長しつつあるようですね・・・。オシムは相変わらずカラいコメントだったようですが、各メディアの評価もおおむね「収穫ある敗戦」と…。イエメン戦でこの試合から学んだ教訓がどう生かされるか?楽しみです。放送時間もよさそうだし☆

投稿: コリアンダー | 2006/09/05 23:00

*aprileさん
駒野と加地の両サイドが上がり気味になって、阿部がDFに下がったので、鈴木に負担がかかったようです。三都主、遠藤がもう少しスペースを埋めることが出来れば良かったのでしょうけど・・・。イングランド相手のパワープレーだったら分が悪いし推奨しないですが、この日の相手なら闘莉王も十分勝負出来たと思います。


コリアンダーさん
悪くはなかったと思いますよ。前半の立ち上がりと後半終了間際以外は、見ていてそれほどストレスは感じませんでした。ただ、パスミスは多かったです。メディアは、もっと文句言ってもいいような気がします。オシムと喧嘩するくらいの心構えで仕事に臨んでもらいたいです??イエメン戦は負けるとちょっとピンチかも。

投稿: yamamo8 | 2006/09/06 00:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/3316420

この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビア戦:

« 納会 | トップページ | 夏のひとコマ »