« 名古屋 広島と引分け | トップページ | 「マッチポイント」を見てきた »

2006/09/11

水上・猿ヶ京旅行

出発する時は小雨が降っていた。外環に乗って大泉方面へ向かう。美女木あたりでは大粒の雨に。なんとも不安な立ち上がりだったが、関越に入ってからは天気は徐々に良くなっていった。ドライブ中心の旅行だけど、やっぱり天気は良いほうが気持ちいい。予定通り約2時間30分で、水上へ到着。まずは、”生どら焼き”とやらを手に入れるために小荒井製菓へ。1日1000個の限定品で、午前中には売り切れてしまうとも言われていたけど、平日ということもあり店はガラガラ。まだまだたくさん残っている生どら焼きと、ちょっと気になる存在の生クリーム大福(ティラミス味)をゲットし店を後にした。途中で見つけた十割そばの店で昼ごはんを食べ、その後に生どら焼きと大福を食べてみた。生どら焼きは、まぁ、普通においしかった。小豆と生クリームがミックスされた餡が甘すぎずさっぱりしていて、生地もおいしかった。それよりも生クリーム大福が・・・うまい!Imgp0716 やわらかいもちの中にティラミス風味のクリーム餡、さらに生クリームが入っていてなんとも絶妙なうまさ。他にも、コーヒー、モンブラン、抹茶など全部で6種類あるということで、翌日も午前中と夕方(帰る前)の2度にわたってここに立ち寄ることになるのだった。一日目は、水上の道の駅に寄ってみた。ここにはちょっとした水族館があって、いろんな淡水魚を見ることが出来る。北海道の一部にしか生息していない”幻の魚”と言われるイトウを見ることが出来てちょっと感動。Imgp0672 その後は、駐車場の先の利根川のほとりでぼーっとしていた。ラフティングが楽しそうだったけど、かみさんに聞いたら「怖い」ということでラフティングは止めた(実際目の前を通ったうちの一人が転落してたし)。その後は、1時間くらいかけて猿ヶ京の旅館へ。途中で見つけた茶色のローソンが渋かった。旅館では、豪華な食事をやっつけ(しゃぶしゃぶが美味かった)、温泉に入ってのんびりとくつろいだ。永井大の「黒い太陽」を見ながら眠りについた。

Imgp0688

次の日は、朝方雨が降ったらしく、あまり天気も良くなさそうだったけど、再び水上方面へ。前日と違って山の中をショートカットするコースを通ると、30分足らずで、水上まで行ける。この日もだんだん天気が良くなっていった。まずは小荒井製菓を覘いてみる。時間は10時30分くらい。僕らが着いた時は駐車場には1台も車がなかったけど、見る見るうちに車が増えてきて、店の中も混みあってきた。昨日はひとりだった店員もこの日は3人。やはり土日だと売り切れも早いのかも知れない。急いで生どらと生クリーム大福(抹茶、モンブラン、ショコラ)を買ってから、利根川の上流の奈良俣ダム、照葉峡方面へ。奈良俣ダムは、Imgp0713_1 大きな岩を積み上げたロックフィルダムと呼ばれる形式をしている。とても大きなダムで、展望台とか資料館があって、ダムの上を歩くことも来るようになっているのだ。ダムの上で食べた生クリーム大福(抹茶、モンブラン)のうまかったこと(大福ばっかりだな)。その後は、さらに上流へ進んで行くと「湯ノ小屋温泉」という温泉郷がある。こじんまりとしているけど、風情がありそうな温泉宿が、利根川支流の渓流沿いに並んで立っている。その先の渓流が照葉峡と呼ばれている。渓相が素晴らしい。水原秋桜子が名付けたという11の滝が点在していて、片道1時間くらいかけて歩けば全ての滝を見ることもできるんだけど、今回はそこまで根性がなかったので、滝は3つくらいにとどめて、渓流に降りれるところから中に入っていって Imgp0729_1 Imgp0737_1

マイナスイオンを浴びながらのんびりと森林浴をしていた。見上げると空が半分くらいしか見えない。あとは緑の木々に覆われてしまっている。紅葉シーズンにはこれが真っ赤に染まって、また素晴らしい景色になることで知られている。秋にまた来たいと思った。

照葉峡を後にすると、少し遅めの昼食をとることにした。再び水上の中心街に戻って来ると、事前に調べておいた亜詩麻という店へ。ここの名物”焼きカレー”を食べてみたかったのだ(本当に食べ物ばっかりですが・・・)店に着いて車から降りると、なんとなくカレーの匂いが。店内に入ると、3時過ぎというのにけっこう混んでいる。だいたいみんな焼きカレーを食べているようだった。僕らも迷わずに焼きカレーを注文。簡単に言うと、ライスの上にカレーをのせて、チーズと卵をのせてオーブンで焼いたもので、カレー味のグラタンといった感じなんだけど、なかなか美味しかった。家でもマネ出来るかも。その後はもう一度とどめの生クリーム大福(コーヒー味)を買ってから、水上を後にしたのだった。とにかく、よく食べた二日間だった。

|

« 名古屋 広島と引分け | トップページ | 「マッチポイント」を見てきた »

コメント

こんにちは。
生ドラ焼きよりも大福の方がお気に入りだったみたいですね。最近の大福は色々な種類があってビックリします。
途中のローソンは本当に渋いですね。立ち寄ってみたくなります。ラフティングは一度やってみたいと思っています(笑)
紅葉の頃に行かれたら綺麗な写真をアップして下さい。

投稿: *aprile | 2006/09/11 11:42

大福旅行ですね♪♪おいしそう。生どら焼きも気になりますが…
照葉峡の写真もキレイです☆マイナスイオンが伝わってきますよ~

投稿: コリアンダー | 2006/09/11 23:23

*aprileさん
ラフティングは前からやってみたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。次はちゃんと計画して行きたいです。大福は本当に美味しかったですよ。残念ながら小荒井製菓はHPがなくて取り寄せも出来ないみたいです。また紅葉の時期に寄ってみようかな。(目的が変わってる??)


コリアンダーさん
まさに大福旅行、食いしん坊旅行でした。照葉峡は気持ち良かったです。何を隠そう(隠すこともないけど)、昔から「渓流フェチ」「湖フェチ」なんです。何をするというわけでもないんですけどね。見てるだけで満足なんですよ。

投稿: yamamo8 | 2006/09/12 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋 広島と引分け | トップページ | 「マッチポイント」を見てきた »