« 夏のひとコマ | トップページ | 温泉旅行 »

2006/09/07

イエメン戦感想

①標高2,300mの高地②強行スケジュール、という厳しい条件下での試合。この中東2連戦を迎えるにあたっては、アジアカップ出場を楽にするのために、勝ち点2or3は取って欲しいぐらいに思っていたけど、イエメン戦が始まる前は、先の2つの条件が気になり(為末選手がおどかすもんだから・・・)、かなり弱気になっていた。「負けなけれいいか」くらいに・・・。試合が始まってみると、3つ目の悪条件が明らかになった。それは劣悪なピッチコンディション。テレビの画面からもわかるほどで、会社のサッカーチームが練習するのに使う、河川敷のグラウンドを思い出してしまった。あそこはやりにくいんだよな。そんな環境の中、懸命にプレーする選手たちだけど、得点の匂いがしない(前半巻、後半我那覇のヘディングはあったけど・・・)。後半の遠藤のはバウンドが変わったから。ああいうのは難しいと思う。サウジ戦のほうが、まだ点が入りそうな雰囲気があった。イエメンのほうも、アウェーの時よりは攻めっ気が見られたけど、日本の守備が頑張っていて、ゴールを割られる感じはしなかった。後半20分過ぎたあたりからは、「本当に引分けちゃうかも・・・」、と思いながら見ていた。でも不思議とイライラはしなかった。なにしろピッチが酷すぎる。代表レベル、プロであってもあの条件はちょっとかわいそうだと思った。相手も同条件だとも言えるけど、細かいパスに依存するプレーが多い日本の方が被害は大きい。昨シーズンのCLで、チェルシーがホームでバルサとやった時も、水をまいてピッチを柔らかくしていた。そのほうが、相手との力の差が詰まると考えたから。まぁ、ピッチが悪いなら悪いで、それなりの戦い方もあるんだろうけど、選手たちは愚直なまでにグラウンダーのパスを選択していた。

試合を決めた我那覇のゴールは、パワープレーのお手本のようなものだった。あのようなプレーに頼らざるを得なくなってしまったのは、大きな反省材料だと思うけど、イエメン相手だからということではなく、今後アジアレベルであれば多分通用するオプションになる思う(対オーストラリアの場合を除く)。イングランドや北欧のチーム相手にあれをやれとは思わない。世界を相手にする時は”日本人のサッカー”とやらを徹底すればいい。それを追求していくための時間は、アジアカップ出場が決定したことでひとまず確保した。これで、あまり文句も言われずにイロイロな実験が出来ると思う。とにかく、オシムになってから1ヶ月半が経過したわけだけど、代表チームを指導できた時間は、ざっくり計算しても2週間弱くらい。まだまだ始まったばかりだ。1年後にどのようなチームになっているか、楽しみのほうが大きい。

中村直志、お疲れさま。コンディションはどうなんだろう??

|

« 夏のひとコマ | トップページ | 温泉旅行 »

コメント

見てる方もヘンに力が入っちゃって、なんだか疲れましたね。ぃやあでも勝ててよかったです、ほんと。オシムも思わず「ふぃ~」って表情でしたね。65歳にはキッツいよ~。とにかくよくぞあの状況で戦ったものです。選手監督関係者皆々様ほんとうにお疲れさま、という気持ちです。
ガナハは男前です。サウジも勝ったので、これで日本はめでたくアジアカップ出場決定ですね!

投稿: コリアンダー | 2006/09/07 23:40

何だか不思議と点を取られる気はしなかったものの、私も後半からは引き分けになるかな?と見ていたので勝ててホントよかったです。一敗一分で帰国するのと、一敗一勝でのそれとでは選手の気分も全く違いますもんね。
それにしてもあんなピッチがあるんだなぁと、ちょっと衝撃でした(^^;)

投稿: a i | 2006/09/08 00:15

コリアンダーさん
僕は、それほどストレスは感じなかったです。サウジ戦よりは悪い出来だったと思うけど、何しろコンディションが悪すぎでしたから、どんな結果でも受け入れる準備が出来ていたというか・・・。
そうですね、直志だけじゃなくて選手・スタッフみんなお疲れさまですね。


a iさん
あのようなパワープレーでゴールをもぎ取ることが出来たのは、なんか新鮮な感じでした。内容はともかく結果は上出来でしょう。本来ならもう少し内容を問いたいですが、あの条件ではあまり参考にならないような気がします。

投稿: yamamo8 | 2006/09/08 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/3356132

この記事へのトラックバック一覧です: イエメン戦感想:

« 夏のひとコマ | トップページ | 温泉旅行 »