« 愛しのビーグル | トップページ | トリニダード・トバゴ戦 »

2006/08/09

U21中国-U21日本

はっきりいって、現時点では中国のほうが力は上だと思った。パワーで優位に立たれるのはやむを得ないにしても、個々のスピード、テクニックの面でも中国が上回っていた。中盤でのパス回しなんかずいぶんと洗練されていた。日本が互角以上に対抗していたのは、球際での強さと走力、そして決定力の部分だろうか。ただ、せっかく厳しく当たってボールを奪ったかに見えても、その後の判断が悪くてマイボールに出来なかったり、奪った後のパスがミスになってしまい、すぐに相手ボールになってしまうことが多いなど、効率の悪いプレーが多くてなかなかリズムをつかめなかった。前半45分はほとんど攻めることが出来なかった。後半立ち上がりの猛攻をしのぐと、徐々にボールが落ち着くようになってきた。最初から飛ばしていた中国のペースが落ちてきたせいもあるのだろう。増田、本田圭の連続シュートがGKに防がれた直後、右サイドで梶山→枝村とつなぎ、枝村の絶妙なクロスに本田圭が勢いよく飛び込み、ヘディングで先制。17分には中盤でワンタッチパスが3本つながり、右サイドをオフサイドギリギリで抜け出した増田にパスが通る。ゴール前で冷静に相手DFを交わすと、少しためらった後、軽~い気持ちでシュート。GKの肩口を抜いた。その後は、危なっかしい場面もあったけど、逆にカウンターで惜しい場面も作り出すなど最後まで高い集中力を保ち、新しいスタートの試合を、アウェーにも関わらず貴重な勝利で飾った。みんな最後までよく走っていたけど、中でも西川、青山直、本田圭、中村の動きが目立っていた。西川は勇気のあるプレーでピンチを防いでいた。青山直は見ていて頼もしかった。相手にしたら嫌な選手だろう。中村は何度も右サイドを駆け上がった。終了間際のカウンターの時、あそこまで走りこんでいた走力は素晴らしかった。あのフィニッシュが決まっていれば文句なしだったけど。Im00042850我が名古屋グランパスの本田圭は、 苦手のディフェンスに回ることが多かったけど、口をへの字に曲げて、必死に相手に喰らいついている姿を見るのは新鮮だった。攻撃でも、1ゴールの他にも中村への大きなサイドチェンジを通してみせたり、安定したキープで流れを落ち着けたりとなかなかの活躍ぶりだった。それにしても、青山直がさっそくA代表に呼ばれるとは・・・。この風通しの良さは前体制では考えられないことだ。

|

« 愛しのビーグル | トップページ | トリニダード・トバゴ戦 »

コメント

こんにちは。
U-21で活躍した選手を早速A代表に召集なんて・・・いいじゃないですか。こんなに面白そうなのは大歓迎です。
今日はオシム采配を楽しみにしていますが、「オシムは負けを望んでいる」とも言われてますね。

投稿: *aprile | 2006/08/09 13:06

初めまして。

U-21からの「昇格」第1号を知ったときは、「おおっ」と声をあげてしまいました(笑)若手を積極的に起用する、これもオシム流?試合では使わないようですが、練習だけでも体感しておくのは、いい経験になりますよね♪
最後のカウンターも、決めていれば文句なしに試合内容に「100点」与えそうな感じでしたね。

僕のblogにも、ぜひ遊びにきてください。

投稿: takuya | 2006/08/09 14:46

*aprileさん
オシムの言動はちょっと変わっているけど、日本をいい方向へ導いてくれると思っています。コメントもいいですね。「相手をリスペクトするためにスターティングメンバーを発表することはしない」とか・・・。これで、まだ試合前に先発メンバーのことを質問する記者がいたりしたら、その人は嫌味を言われるでしょうね。


takuyaさん
はじめまして、コメントありがとうございました。いくら若返ったといっても、世界ではもっと若い選手がトップリーグでバリバリやってます。日本も、U-21から昇格したくらいで驚いていないで4年後にハタチぐらいの年代からも入ってきてほしいですね。takuyaさんのブログものぞかせていただきます。これからもよろしくお願いします。

投稿: yamamo8 | 2006/08/10 00:48

確かに中国の方がチカラは上回ってましたね~。中国に決定力があれば完敗くらいの、、、
ただ自分たちよりも強いチーム、しかもアウェーで効率の良い得点を挙げて勝ったのは自信になるでしょうね~♪青山もA代表に選ばれましたし。
GK西川のセーブも良かったし、中村北斗の運動量も文句なし、あと本田圭も守備を頑張ってましたけど、あんなに守備をする選手だと思いませんでした(笑)

投稿: ガッちゃん | 2006/08/10 10:08

ガッちゃん
前半は見てられなかったです。でも、確かに中国の決定力不足に救われたところもありますが、厳しい条件での勝利は自身つくでしょうね。
僕も本田が守備を頑張っていたのには驚きました。あんまり上手くはないですけど。でも高校の頃はサイドバックをやっていたこともあるそうですよ。

投稿: yamamo8 | 2006/08/11 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2982777

この記事へのトラックバック一覧です: U21中国-U21日本:

» U21反町ジャパン [オーディション越後屋@情報商店街]
U21反町ジャパンをオーディション越後屋がオーディションしました。いや〜いい感じで中国に勝ちました。前半は良く中国の攻撃にたえました。そして、中国はけっこう強いチームだと思いましたが、よくぞ、2点も得点をとったと好印象です。特に、ツータッチパスと連 [続きを読む]

受信: 2006/08/11 14:05

« 愛しのビーグル | トップページ | トリニダード・トバゴ戦 »