« 名古屋 磐田に快勝!! | トップページ | 柏のプリンス »

2006/08/22

日光浴と温泉浴

毎年夏になると、房総方面に海水浴というか単なる日焼け・日光浴に行くんだけど、今年はなかなか行けないまま、気がつくと8月も終わろうとしている。房総まで出かける気力は年々衰えてしまっているけど、最近のフットサル焼けを少しはましにしたい、たるんできた腹をせめて視覚的には引き締めたい、という訳で、いろいろ考えた結果(そのうちなぜか日帰り温泉にも行くことになっていた)、お台場潮風公園で日光浴(その間、かみさんはお台場フリータイム)、その後、同じくお台場にある日帰り温泉「大江戸温泉物語」に行ってみようか、ということになった。東京のど真ん中で日光浴、温泉浴が出来てしまうのだ。気合を入れてお台場に10時前に到着。まだお店が開いてない・・・。グルグル周辺を回って時間調整をしてから、僕は潮風公園へ、かみさんはデックス東京ビーチへ。潮風公園ではバーベキューをやったり、モデルのプチ撮影会が行われたりしているなか、東京湾を臨む一角に、Vfsh0005 長年愛用している折りたたみのビーチチェアーをセットし、海パンになり、オイルを塗りたくってまずA面(仰向け)から焼きに入る。30分間隔でA、B面を交互にお日様にさらしていくんだけど、この日は雲が多くていまいち焼けてる感が乏しかった。途中、持参したフットサルボールと戯れたりしながら約3時間を過ごした。

朝着いた頃には、人も車もまばらだったんだけど、かみさんを拾いにデックスへ向かうと、駐車場待ちの車の列が延々と続いていて大混雑だった。時間は午後1時過ぎていて、おなかも減っていたんだけど、どこかでお昼ごはんを食べようにも車を止める場所がない。あっても場所が遠くなってしまうので、そのまま大江戸温泉物語へ直行することにした。中で食事も出来るのだ。受付で通行手形(バーコードがついたロッカーの鍵)をもらい、Vfsh0003選んだ浴衣に着替えて中に進んでいくと、そこは 江戸の町並みを再現したかのようなつくりになっていて、軽くタイムスリップしたような気分を味わうことが出来る。お祭りの出店みたいのが所狭しと並んでいてとても賑やかだ。そこを抜けていくとフードコートになっている。ここも江戸の雰囲気たっぷりだ。チェックは全て通行手形のバーコードで行い、Vfsh0002 最後にまとめて精算するシステムなもんだから、油断しているとどんどん出費がかさんでしまう。それくらい魅力的なメニューが並んでいた。軽くお昼ごはんをすませると、温泉に入り、休み処でリラックス。そうこうしているうちに、夜の7時くらいになってしまっていたので、そのまま夜ごはんも食べて、もう一度温泉に入ってから、ようやく江戸の町を後にしたのだった。軽い気持ちで行ってみたらどっぷりと嵌ってしまった。そういえば、温泉に入ってもそれほどヒリヒリしなかった。やはり、あまり焼けてないみたいだ。

|

« 名古屋 磐田に快勝!! | トップページ | 柏のプリンス »

コメント

こんにちは。
お台場の大江戸温泉にはいつも行ってみたいと思っていたんです。時間がたっぷりある時の方がいいみたいですね。
お台場に行くとどうしてもショッピングに時間を取られて・・・主人を疲れさせてしまいます(笑)

投稿: *aprile | 2006/08/22 14:27

大江戸温泉。行ったことなかったんですけど、こんな楽しそうなとこだとは知りませんでした。今度上京した時行こっと!

投稿: コリアンダー | 2006/08/22 22:53

*aprileさん
なかなか面白かったですよ。その気になればいくらでも居れると思います。宿泊も出来るみたいですから、昼間は買い物でヘトヘトになったところで温泉に行って、そのまま泊まってしまうというのもいいかも(ちと料金がかかりますが)。

コリアンダーさん
普通の日帰り温泉施設よりも面白いです。よくある入院患者みたいな館内着ではなくて、浴衣で過ごせるところが渋いです。ぜひ一度行ってみて下さい。

投稿: yamamo8 | 2006/08/23 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/3151041

この記事へのトラックバック一覧です: 日光浴と温泉浴:

« 名古屋 磐田に快勝!! | トップページ | 柏のプリンス »