« アミノバイタルフィールドでフットサル | トップページ | イエメン戦 »

2006/08/15

日本沈没を見てきた

はっきりいって、洋画でも邦画でもいわゆる大作モノはあまり見ない。ミニシアターとかでひっそりやっているほうがいい(ハズレも多いけど)。だから、「ダ・ヴィンチ・コード」も「タイタニック」も「海猿」も見てない。この「日本沈没」もそういった類の映画だと思うんだけど、一方で「地球規模で未曾有の大ピンチを迎える設定」の映画でもある。パニック映画の中でも、こういったタイプにはつい惹かれてしまう。いったいどのようにして、この危機的状況を回避するんだろうというところに、興味が沸いてしまうのだ。別にそれがどんな方法かは問題ではない。「それはありえないだろー」と笑ってしまうこともあるし、「そうくるか」と思えることもあるんだけど、なにしろ、どういう決着をつけるのかがどうしても気になってしまうのだ。今まで見た中では、感動した順番で言うと、「ディープ・インパクト」、「アルマゲドン」、「インディペンデンス・デイ」、そして「マーズ・アタック!」(はちょっと違うか)などがこのタイプの映画に当たる。

映画の中で話されている、日本が沈没してしまう理屈・メカニズムだとか、それを回避する方法に、どのくらいの科学的な根拠があるのかは分からないけど、そこをリアルに追求しすぎると(日本が乗っかっているプレートを切断するのはいいけど、その衝撃によって引き起こされる地震の影響は考えているのか、とか)、この手の映画は楽しめないので、あまり気にしないで見ていた。それにしても、あきれるくらい次々に発生する地殻の異常現象。けっこう迫力あった。最初は、なんで日本だけこんな目に会わなきゃならないんだと思いながら見ていたけど、ふと頭をよぎったのはドイツワールドカップの時の日本代表のこと。状況は違うけど、いろいろな問題に目をつぶって先送りにしていると、このように様々なツケが一気にきてしまうんだなと妙に納得してしまった。あの時の日本代表も次々と湧き出てくる問題点・欠陥に対して呆然とするだけで、どうすることも(シュート練習くらいしか)出来なかったなーと。この映画では、「アルマゲドン」のブルース・ウイリスと同じような行動に出る、主人公小野寺(草なぎ君)の決断にベタだけど感動。あの船であんなに深く潜れるのかとか、いろいろツッコミどころはあるけど、草なぎ君のいつもの淡々とした口調の中にも、熱いモノが加わっていて良かった。

そこへいくまでのいろいろなエピソード、ドラマの積み重ねもなかなか良かった。中でも、及川ミッチーのストーリーと、草なぎ君のお母さんのシーンが良かった。この手の映画を見る時のポイントは、なにしろどうやってピンチを回避するかなんだけど、脇のキャラクターの人間ドラマの部分もうまく出来ていて、つい引き込まれてしまった。知り合いからは絶対に泣くから、と言われていた。その人が観た時は、会場のあちこちからすすり泣く声が聞こえていたそうだ。僕も確かに涙もろいけど、日本沈没で泣くなんて、そんなわけないと思っていた。けどはっきり言って泣きました。「アルマゲドン」に近い感じかな。

基本的に、ラストで主役が助からない映画はそれだけでポイントアップなのだ(ひねくれ者なので・・・)。

|

« アミノバイタルフィールドでフットサル | トップページ | イエメン戦 »

コメント

おおラストは泣くのですね。めでたしめでたしになるのかな、となんとなく思っていましたよ。
「マーズ・アタック!」大好きです♪「インディペンデンス・デイ」とセットで見るとなお面白いですよね。
セットで面白いと言えば、秋ぐらいに「日本以外全部沈没」という映画をやるそうですよ。

投稿: コリアンダー | 2006/08/20 16:01

コリアンダーさん
「インディペンデンス・デイ」と「マーズ・アタック」は確か同時期にやってましたよね。同じB級(?)で設定も同じような映画。方や大真面目で、方や悪ふざけが過ぎていてるんだけど、どっちもなぜか笑ってしまった覚えがあります。秋にやるその映画は日本の映画でしょうか??見たくなるタグイですね。

投稿: yamamo8 | 2006/08/21 00:51

いちおう、URLはこちらです。興味があったらゼヒ♪
http://www.all-chinbotsu.com/
原作はもちろん、あの「日本沈没」のパロディーらしいです。筒井康隆センセイ。それだけでちょっと期待がふくらみますね。
ナニゲに人種問題など、現代社会を鋭く風刺した内容らしいですよ。
って宣伝しちゃいました。ワタシもなんだか気になります。やっぱ本家とセットで見たほうがいいのかな~♪

投稿: コリアンダー | 2006/08/21 17:40

コリアンダーさん
HP見ました。なるほど、面白そうですね。藤岡弘の役どころに注目です。本家とセットで見れば、その落差がさらに際立つのでは・・・。

投稿: yamamo8 | 2006/08/22 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2983095

この記事へのトラックバック一覧です: 日本沈没を見てきた:

» 映画好きの徒然なる日々 [映画好きの徒然なる日々]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。 価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。 よかったら、みなさんの感想も書き込んでいってください〜。 [続きを読む]

受信: 2006/08/15 11:55

« アミノバイタルフィールドでフットサル | トップページ | イエメン戦 »