« ドイツワールドカップを振り返る | トップページ | 部屋の模様替え »

2006/07/15

Jリーグオールスターを見て新しい代表を夢想する

前半はモタモタしていてあまり面白くなかった。見どころは、[中澤の突破→宮本がファウルで止める→誰も引っかからない茂庭のフェイント→中澤の直接FKでの先制ゴール]のくだりくらい。あと全くフリーの場面での茂庭のシザースにも笑った。後半に入ると、積極的なプレーが増えてけっこう楽しめた。小林大悟の正確なキック、内田の活きのいいプレー、根本の運動量、そして、兵働、藤本、青山の清水勢が印象に残った。

このゲームに出場した選手の中から、勝手に新生日本代表を選んでみると

GK 土肥

DF 中澤、茂庭、坪井

MF 内田、阿部、小笠原、小林、根本

FW 巻、玉田

となった。

DFとFWはドイツW杯経験者、MFは小笠原以外は新鮮なメンバー。坪井の代わりに駒野を入れて内田をサイドバックに下げ、根本の代わりに遠藤を入れて4-4-2にしてもいいかも。

小林大悟が良かった。とにかく、小野よりも後半から交代で入った小林が良かった。前半と後半のゲームの内容を見てもそれは証明されている。サイドに流れてもいいプレーをするし、トップ下はもちろん下がり目の中盤でも出来るだろう。まぁ、所詮エキジビジョンマッチだし、真剣勝負になると条件が全然違うだろうから、ここでのの出来はあまり参考にはならないのかもしれないけど、小林大悟は今のところ、代表で見てみたい候補NO.1だ。

|

« ドイツワールドカップを振り返る | トップページ | 部屋の模様替え »

コメント

こんにちは。
オールスター・・・お祭りなんで。
でも小林大吾は良かったですね。あれが世界相手の真剣勝負の中でも出せるかが疑問ですが。素質のある選手を大きな選手に育てなければ日本の将来は無いですから。
内田が世界レベルにまでなってくれればと思っています。

投稿: *aprile | 2006/07/17 13:52

*aprileさん
小林大悟は2003年のワールドユースを経験してますね。ユースとはいえ、全く世界レベルに触れていないというわけではないです。内田篤人は2007年のワールドユースの代表候補ですね。まだハタチ前ですよ。楽しみですね。イタリアのグロッソなんかを見ると、若い頃から世界レベルを経験していなくても、資質があれば通用してしまうんだなーと改めて思いました。

投稿: yamamo8 | 2006/07/17 17:19

同感です~。小林大悟よかったです!私のような素人が、こういう選手の存在を知ることができるので、お祭りですが、楽しめました。
なるほど。ワールドユースを経験してるんですね~。是非是非、代表でどのくらい通用するのか見てみたいです。

投稿: a i | 2006/07/17 19:16

a iさん
小林大悟は、MFにもかかわらずリーグでここまで6得点してます。日本の選手によくありがちな、パスばっかり狙ってシュートの意識が少ないというタイプではなく、積極的にミドルも打ちます。注目したいですねー。清水の3選手や鹿島の内田も堂々とプレーしてましたね。

投稿: yamamo8 | 2006/07/17 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2668742

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグオールスターを見て新しい代表を夢想する:

« ドイツワールドカップを振り返る | トップページ | 部屋の模様替え »