« ドイツワールドカップ観戦記【24】~DANKE JURGEN~ | トップページ | ドイツワールドカップを振り返る »

2006/07/10

ドイツワールドカップ観戦記【25】~ジダンの悲しいラストゲーム~

254921382_1 1731404159_1

イタリアとフランスによる決勝戦。 試合は、フランス優勢で進んでいった。開始早々、ややラッキーといえるPKを獲得すると、ジダンがチップ気味に蹴りこんであっさりと先制。あの場面でああいうキックを選択するとは・・・。ジダン本領発揮。マケレレ、テュラムがトッティに仕事をさせず、サイドの局面でも激しいチェックでザンブロッタ、グロッソ、ペロッタらを自由にさせない。イタリアは、ピルロのセットプレーに活路を見出すしかない状態。ところが、このセットプレーが威力抜群。チェコ戦を思い出させる、マテラッツィの打点の高いヘディングであっという間に同点。その後も、フランスのマークのズレをついてトーニがヘディング。ピルロが直接狙うなど、フランスをヒヤリとさせる。しかし、なかなか流れをつかめないイタリア。リッピ監督は人とフォーメーションを変えて、フランスの守備を崩そうと試みるが、思うようにならない。逆にフランスは、アンリの個人技やリベリーのスピードでチャンスを作るが、最後のところでカンナバーロ、ブッフォンが食い止める。フランスのほうがゴールの予感を漂わせていた延長前半、サニョルから、20060710_2062_450_1  前日のフィーゴを思わせるようなクロスがジダンに届けられたが、渾身のヘディングシュートはブッフォンがファインセーブ。ジダン悔しそう。これが決まっていれば、あの悲しいシーンは起きなかったのに・・・。20060710_2070_450延長後半、マテラッツィと口論になったジダンは、ついカッとなってマテラッツィの胸板にヘッドバット。自身最後の試合は不本意な形で突然終わってしまった。ドメネク監督と言葉を交わすこともなく、 うつむき加減で、輝くワールドカップの横を通り過ぎて行ったジダン。いろいろと思うことはあるけど、とにかく残念の一言だ。その後イタリアは、相手が10人になったにもかかわらず完全に攻撃を放棄。PK戦に持ち込む作戦。フランス攻撃陣は何とか攻めようとするが、疲労で体が動かない。逆にバルテズはあまり急ぐそぶりを見せないなど、チグハグな状態のまま120分間が終了。PK戦は、トレゼゲが外してしまったフランスに対し、全員が成功させたイタリアが、スペイン大会以来、24年ぶりにワールドカップにキスすることとなった。カーンとフィーゴのように、ジダンがブッフォンやカンナバーロと笑顔で健闘を称えあうシーンが見たかった。。。

20060710_2079_450

|

« ドイツワールドカップ観戦記【24】~DANKE JURGEN~ | トップページ | ドイツワールドカップを振り返る »

コメント

せっかくの決勝、せっかくのジダンの花道が、複雑な気分が残る終わり方で本当に残念です。
同感です。勝っても負けても、ジダンとイタリアの選手たちが尊敬を込めてハグし合うシーン見たかったですよ(T-T)
イタリアはドイツ戦ではあんなにPKイヤがってたのにどうしたんでしょうね?ドイツに勝って自信がついたのか。そしてめでたくPK全敗のジンクスを破ったわけですが、よくよく考えたらGKは1本も止めておらず、トレゼゲが外しただけなんですよねーこれまたなんだかフランスには痛々しいことに…(試合後のインタビューでトレゼゲが案外元気そうだったのが救いか…)。

投稿: コリアンダー | 2006/07/12 17:55

ジダンの問題はずいぶんと大きなものに発展してしまいましたね。これを機会に、フェアプレーの考え方がもっと強まっていって欲しいものです。
イタリアは、例え確率が低くてもPKに持ち込むしか勝ち目がなかったような気がします。そのくらい、あのゲームのフランスは良かったと思います。これまでは、最後の最後で相手を打ち負かしてきた強さが通用しなかった。だからといってイタリアが優勝に値しないのかというと、決してそんなことはないと思いますけどね。ブッフォン、カンナバーロ、ピルロの活躍は素晴らしかったし、グロッソなんて普段見たことなかったけどいい選手ですよ。お気に入りになりました。

投稿: yamamo8 | 2006/07/13 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2600153

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ観戦記【25】~ジダンの悲しいラストゲーム~:

« ドイツワールドカップ観戦記【24】~DANKE JURGEN~ | トップページ | ドイツワールドカップを振り返る »