« ダブルヘッダー | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【25】~ジダンの悲しいラストゲーム~ »

2006/07/09

ドイツワールドカップ観戦記【24】~DANKE JURGEN~

3位決定戦。ドイツはカーンが先発。しかしバラックが欠場、4バックも今大会初の組み合わせで、ちょっと心配な立ち上がり。いきなりカーンがノヴォトニーを威嚇(?)しているし。ポルトガルは、デコが散らして、C・ロナウド、シモンが仕掛け、パウレタがシュートを放つ。しかし、カーンが1ヶ月のブランクを感じさせない素晴らしいセーブを見せ、ゴールを許さない。ドイツもディフェンス陣が落ち着いてくるとともに、クローゼを中心にワンタッチでのパス回しでペースをつかむ。セットプレーなどでチャンスが何回かあったが、リカルドも負けじと好守を連発。主審の上川氏もあまりうるさく感じられないクリーンで見ごたえのあるゲームとなった。後半はシュバインシュタイガーの一人舞台となった。思い切りのいいミドル2発と、オウンゴールを誘う低い軌道のFKで実質ハットトリックのような活躍。ペティートがついてなかった。ミドルは2発とも寄せが甘かった気がするし、オウンゴールも彼によるもの。でもここは、シュバインシュタイガーを褒めるべきか。ケールも良かった。守備だけでなく攻撃面でも利いていた。イタリア戦ではフリングスの、このゲームではバラックの代役として、期待以上の働きぶりだったと思う。

ポルトガルはN・ゴメス(もっとたくさん見たかった)、フィーゴを投入し反撃を試みる。スピード、コースとも完璧なフィーゴのクロスをN・ゴメスがダイビングヘッドで決めたゴールは、CGで描いたような見事なものだった。今大会、ミドルシュートによる得点が特徴だったけど、一方では、あのようなクロスをきれいに合わせるといった形が、セットプレーを除くとあまり見られなかった。オドンコール→ノイビル、ちょっと形は違うけどベッカム→クラウチ、あとはサウジアラビアの?→カフタニのゴールくらいじゃないだろうか(あとグリゲラ→コレルもありました)こちらのブログで、このゴール(特にフィーゴのクロス)についてまさに「その通り!」と思うことが書いてあった。最後の最後でフィーゴの素晴らしいプレーが見れてよかった。今回も、3位決定戦は素晴らしいゲームとなった。

20060709_2012_450

それにしても、ドイツの快進撃には驚いた。予想では、決勝トーナメントの1回戦でイングランドかスウェーデンに敗れることになっていたのだが、ラーム、ポドルスキー、シュバインシュタイガーら若い選手と、レーマン、シュナイダー、バラック、クローゼといった実績のある選手がかみ合い勢いに乗った。これまでのドイツ(西ドイツ時代も含む)というと、強いけど面白みに欠けるといったイメージがあったけど、今回のチームは、メキシコやアルゼンチン、ブラジルほどの技巧はないし、ちょっと危なっかしいところもあるけど、スピーディーなワンタッチでのパス回しを武器に、常に攻撃的な姿勢で戦っていた。ドイツ絡みの試合は見ていて楽しい試合が多かったと思う。

カーン、フィーゴ、パウレタ、ジダン、ベッカム、ネドヴェド、そして多分トッティ、デルピエロ、ロナウド、そうそうたる選手たちにとって、今大会が最後のワールドカップになる。1152398759彼らがプレーしてきたこの10数年間というのは、自分にとっても一番よくサッカーを見てきた時期でもあり、大きな節目のように感じられる。ちょっと寂しい気もするけど、 カーンとフィーゴの抱擁を見ていると、気の済むまでやったんだろうなという充実感のようなものも感じられて、すがすがしい気持ちにもなった。

20060709_1970_450

いよいよ今夜はジダンの登場だ。彼にとっては本当に最後の試合になる。そのプレーをじっくりと楽しみたいと思う。『明日のジョー』の最終回、ホセ・メンドーサ戦で、矢吹丈が次々と必殺技を繰り出したように、流れなんか無視して構わないので、マルセイユルーレットでぐるんぐるん回っちゃって下さい!!

|

« ダブルヘッダー | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【25】~ジダンの悲しいラストゲーム~ »

コメント

ドイツ、そしてカーンは最高の形でW杯を締めくくりましたね。胸がいっぱいです。それにしても私も今大会のドイツ代表に関する記事を書いていてやたら「感動」「魂」を連発してしまいましたが、ほんとうに感動的なシーンをたくさん見せてもらいました。彼らにはとにかくDANKEです。フィーゴとカーンの姿はステキでしたよね。
いよいよ決勝戦ですがジダンも最後なので思いっきりやってくれるでしょう。しっかり見届けましょう!あ~大会が終わっちゃう~(T_T)

投稿: コリアンダー | 2006/07/10 00:14

おはようございます。
カーンの先発は嬉しかったですね。それに彼の底力を見た気がします。気迫がゴールの前に立っているって感じでした。
フィーゴの勇姿が見れたのも良かったです。ヌーノへのパスはフィーゴならではです。それに答えたヌーノも良かった。もう少し長くフィーゴとヌーノを見たかったです。
夜中に起き出して決勝を見ました。アッズーリが優勝した時は早朝なのに叫んでしまいました。嬉しかった。寝不足なのに今日はテンションが高いです。ジズーの行為にはガッカリしました。現役最後の試合をあんな形で終えてしまうなんて・・・最後の舞を期待していたわたしやサポーターには後味が悪かったですね。

投稿: *aprile | 2006/07/10 08:59

TBありがとうございます。
スーパースターたちの引退は、僕も残念です。僕も彼らのようなビッグネームの素晴らしいプレーを見ることで、サッカーが好きになりましたから。すごく感慨深いです。
ジダンの最後は・・・誰も予想し得ない形で終わってしまいましたが、ジダンの選手としての評価が貶められることのないように祈りたいです。

投稿: ポチゆき | 2006/07/10 18:40

コリアンダーさん
本当にドイツには新鮮な驚きを感じました。
活きのいい若い選手がたくさん出てきましたね。あとは、ダイスラーにも復活してもらって、更に魅力的なチームになってもらいましよう。
ジダンはただただ残念でした。我慢して欲しかった。イタリアは粘り強く戦いました。立派な優勝だと思います。

*aprileさん
カーンは1ヶ月のブランクを全く感じさせませんでした。プロ中のプロですね。負けたとはいえ、そのカーンを破ったフィーゴのクロス(N・ゴメスのシュートも)も見事でした。
イタリアは苦しみましたが、見事な優勝ですね。おめでとうございます。ジダンはよっぽどの事があったのでしょう。それでもあの行為は弁解の余地なしですけどね。それにしても、そのジダンがMVPとは・・・。普通ピルロかカンナバーロでしょう。

ポチゆきさん
C・ロナウド、メッシ、バルネッタ、セスク、ポドルスキー、ロシツキー、今大会で気に入った若い選手たちに期待したいです(ロシツキーは若くないか)。
ジダンは本当に残念な最後になってしまいました。MVPに選ばれるのも違う気がします。でも、ブッフォンとの対決は見ごたえありました。最後に笑顔が見たかった。

投稿: yamamo8 | 2006/07/11 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2574293

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ観戦記【24】~DANKE JURGEN~:

» ピーター・クラウチ [LIP f:サッカーワールドカップ2006ドイツ大会まとめサイト (PukiWiki/TrackBack 0.4)]
代表国:イングランドポジション:FWクラブ:リヴァプール生年月日:1981年1月30日身長・体重:198cm・70kg イングランドには珍しい、大型FW。 得点を決めたあとのロボットダンスで人気。 最近ネット上では弄ばれている。 評価 ...... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 15:24

« ダブルヘッダー | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【25】~ジダンの悲しいラストゲーム~ »