« 次期日本代表監督騒動 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【21】~フランスが勝った!~ »

2006/07/01

ドイツワールドカップ観戦記【20】~ドイツ来ちゃいました!~

K-1やってたので、仮眠取れないままドイツ-アルゼンチン戦を観戦。序盤から厳しいチェックの応酬でどうなることかと思っていたら、その後は静かな展開に。決勝戦のような重苦しい雰囲気。アルゼンチンはリケルメ中心にボールを回すがチャレンジするようなパスは少ない。安全第一といった感じ。テベスは、人に強いしキープ出来るんだけど、彼が持つと攻撃が遅くなる印象。ドイツは、厳しいチェックでアルゼンチンのボールを奪うと速い攻撃を仕掛けようとするんだけど、ミスが多くシュートまで持ち込めない。シュートはバラックのヘディング1本くらいだったと思う。後半開始早々、リケルメのCKをアジャラが体を投げ出しながらのヘディングでゴール。空中戦はドイツが圧倒的有利だと思っていたので、このヘディングにはびっくり。体が宙に浮いてた。ディフェンスの局面でも、エインセ、コロッチーニもドイツに負けてなかった。ここから試合は少しずつ激しくなっていく。アルゼンチンのゴールキーパー、アボンダンシェリが負傷で交代するというアクシデント。ペケルマン監督は、交代枠をひとつ失ってしまうとともに守備的な戦いにシフトする。リケルメ→カンビアッソ、クレスポ→クルス。解説の反町氏は、クルスは相手セットプレイの時の守りにも生きるようなことを言っていたが・・・。その直後、左サイド、バラックからのクロスを途中出場のボロウスキがヘッドでそらしたところに、クローゼが頭から飛び込み同点。クローゼのヘディングのボールは本当に力強い。足がつりかけていたので、前方宙返りは封印。はっきり言って、監督の采配が裏目に出てしまったアルゼンチン。これが日本ならズルズルと失速していくところだが、南米の雄はリケルメが不在ながらも、全員が動いてチャンスを作り出す。でも、あと一歩で決められない。ここでメッシが使えれば、と思わせるがそれを言っても仕方ない。ドイツのほうは、バラックが足を痛めてしまったが、交代枠を使い切っていて代えられない。何度もピッチ脇で治療をしながらも、なんとかプレーを続ける。結局、延長でもスコアは動かず、PK戦での決着となった。アルゼンチンは勝てる試合だったと思う。交代も含めてちょっと悔いが残る敗戦だった。セルビア・モンテネグロ戦での輝きは、今大会のハイライトのひとつだった。ドイツはとうとうベスト4まで来てしまった。日本と2-2で引き分けていたドイツが・・・。コスタリカに何度もディフェンスラインを破られたドイツが・・・。改めてふたつの教訓を得た。親善試合と公式試合は全くの別物であるということ。ワールドカップというのは1ヶ月間の長い戦いであるということ。PK戦の前に、レーマンはカーンと言葉を交わした後、グローブで目を拭っていたような気がしたけどどうした?泣いた??あれは、いいシーンだった。カーンは何て言ったのだろう?

3231365207

イタリアとウクライナの試合は、イタリアが3-0で勝利。試合はドイツ-アルゼンチン戦とは違って、立ち上がりからスピーディな展開。特にイタリアの動きがいい。早い時間にトッティとのワンツーで抜け出したザンブロッタがミドルシュートを決めた。これで余裕が出たイタリア、前半は全く危なげなかった。後半はウクライナが勢いよく攻めに出て行く。サイドからの攻撃が形になっていき何度もイタリアディフェンス陣を慌てさせるが、ブッフォン、ザンブロッタ、クロスバーに阻まれゴールを奪えない。その後、イタリアはトニが2ゴールをあげ試合を決めた。この日のイタリアは素晴らしい内容だったが、ラッキーな面もあった。後半立ち上がりはウクライナに猛攻を仕掛けられて、ゴールされてもおかしくないところだった。それをしのいだ直後にトニのゴールが決まるという間の良さ。こういうのを試合巧者というのだろうが、運が良かったともいえると思う。初出場でベスト8のウクライナ、運もなかったし、スコアほどの差はなかったとは思うけど、イタリアに勝つには経験や力が足りなかったと思う。

|

« 次期日本代表監督騒動 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【21】~フランスが勝った!~ »

コメント

ドイツ、キちゃいましたね~!とうとうベスト4です!ここまでくるとちょっと欲が出てしまいますが…(^_^;)謙虚に胸を借りるつもりで行きますよ。
アルゼンチンは、采配の失敗もあったけど、試合には勝ってたような気がしますね。PKだけで負けたのかと。アルゼンチンファンの友人は未だにくよくよとこぼしています(^^ゞ

投稿: コリアンダー | 2006/07/02 18:06

コリアンダーさん
ドイツも思えば遠くへ来たもんですね。これで、あと2試合することは確定なわけで、クローゼの得点王が見えてきました(もちろん優勝もね)。やべっちFCで見たのですが、PK戦の前、レーマンはソックスの中にアルゼンチンの選手の特徴を書いたメモを入れておいたそうです。それを見ながらの好セーブだったんでしょうか。意外と冷静だったんですね。

投稿: yamamo8 | 2006/07/03 01:22

こんにちは。
ドイツが粘り強さをみせましたね。というよりもアルゼンチンの作戦負けみたいな所もありますよね。メッシもアイマールも使わなかった・・・新しい風を入れたらアルゼンチンは面白くなっていたと思うのだけど。
カーンとレーマンの姿は良かったですね。
イタリアは早々に点が入り得点したザンブロッタが縦横無尽に走り回り、ガットゥーゾが体を張ってDFの前で頑張っていました。期待していたトーニの2得点も嬉しかったです。

投稿: *aprile | 2006/07/03 10:39

*aprileさん
フリングスが準決勝出場停止みたいですね。フリングスがいたことによって、バラックなんかも攻撃に専念できたところがあるようなので、ドイツにとっては痛手です。攻撃力が落ちるかも知れませんね。逆に開き直って、守備重視でカウンターという戦術で行くかもしれないですね。

投稿: yamamo8 | 2006/07/04 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2457567

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ観戦記【20】~ドイツ来ちゃいました!~:

« 次期日本代表監督騒動 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【21】~フランスが勝った!~ »