« リタに社交性を身に付けさせる | トップページ | オシム監督が語った »

2006/06/05

マルタ戦

「マルタ共和国」ってヨーロッパ予選なんかで、聞いたことはある。だいたいいつも0-4とか0-5とかでやられていて、あんまり強くないことも知っている。勝手に北欧のどこかにある国だと思い込んでいたら、実際はイタリアのつま先あたり、地中海にある島国だと知った。ユニフォームが赤いこと、ちゃんと国内リーグがあることも知った。FIFAランキングは120位台かー。

日本はいい内容ではなかった。合宿の疲れが出ているのかもしれないし、本番直前ということで、ケガをしたくなかったのかもしれない。とにかくあまりやる気が感じられなかった。前半開始早々、三都主のゆるゆるのクロス(?)から玉田がボテボテのシュートで先制したときは、何点取るんだろうと思って見ていたが、そこから先はあまりほめられないようなダラダラした試合。相手なりにしか戦えない悪い癖が出てしまっていた。それなら、こっちも明日は紙のゴミの日だし、ということで、牛乳パックをバラす作業をしながら見ていた。

日本の”ファンタジスタ””司令塔(笑)”中村はあんまりやる気が感じられなかったなー。後半、小笠原に入ったクサビのリターンをもらって突進したところくらいかな、やる気が見られたのは。あとは無難なプレーに終止。本番は”10番”に恥じないプレー頼みますよ。三都主は、前半最後の無気力プレーと、後半ワンツーであっさりと突破され、ペナルティエリアの中で横パスまで通される大ピンチのきっかけを作り、さすがのZICOも目が覚めたのか中田浩と代えられた。やたらとボールは回ってくるけど判断が遅かったり、オーバーラップした選手(主に中澤)を使わなかったり相変わらずクロスが適当だったりで困る。それに比べて駒野が元気いい。クロスも、精度はともかく意図が感じられて良い。大黒はアンラッキーだった。決定的なシュートが3本。相手GKのファインセーブとポストに嫌われた。シュートまでの動きは悪くないと思うので、あとは決めるだけだ。交代で入った小野、稲本、小笠原、巻。小野と小笠原はそれなりにプレーしていたけど、久々の稲本は他の中盤とあまり連携が取れていない感じがした。やっぱりブランクは大きいのか。それと、巻はなんとなくこのチームの中では居場所がなさそうな気がして少し心配になった。巻をポストに使うわけでもないし、早めにサイドに展開してクロスを放り込むわけでもない。ほとんどボールに触っていなかったのではないだろうか。

それにしても前半最後のところでお約束のようにピンチを招き、きわどいシュート3本打たれたのには参った。そのうちセットプレーからが2本。やっぱり本番が心配になってしまう。

中田英がかなり怒っていた。

http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060605-00000007-spn-spo

気持ちはわかるけど、すっかりあきれてしまって、人ごとのようになってしまっているのはマズいんじゃないか。そういう機会がなければ話し合わなくていいのか??

|

« リタに社交性を身に付けさせる | トップページ | オシム監督が語った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リタに社交性を身に付けさせる | トップページ | オシム監督が語った »