« ドイツワールドカップ観戦記【4】 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【6】~ロシツキー!~ »

2006/06/13

ドイツワールドカップ観戦記【5】~日本負けちった~

【オーストラリア 3-1 日本】

見事な逆転負けを喫した日本代表、いろいろと言いたいことが・・・。

●ZICOの采配

あまり期待できないことは折り込み済みだが、ヒディンクと比較されたことで、いっそうその無策さが浮き彫りになってしまった。試合後のコメントで、「カウンターからのチャンスを決められなかった」と嘆いていたが、決められないなら、それを改善するための手を打つのが監督ですよ。あの流れではディフェンスを代えるのは難しいけど、前線はいくらでもフレッシュでスピードのある選手がいたのに。それとも、ZICOは口では信頼していると言っているけど、本当は控えメンバーのことをあまり信頼していないのだろうか?だから状況を無視した序列重視の選手交代しかしないのだろうか?坪井のアクシデントがなければもう1枚の交代カードは小笠原だっただろうな。それと、宮本キャプテン曰く、1-1になったところで、攻めるか引分けをキープするのか意思統一が図れなかったようだ(何回か聞いた言い訳だ)。こういうことはやはり監督がしっかりと指示をしないといけないだろう。選手同士で物事を進めていくのにはやはり限界があると思う。

●予想以上に暑さで消耗したこと

前半からオーストラリアにポゼッションを許し、ピンチを招いていたことが後半に影響したと思われる。解説の井原は最後のところで守れば問題ないとか言っていたが、90分を通して考えると、そうではなかった。中盤でのプレスが利かずに、オーストラリアの攻撃を3バックがダイレクトに受けているような状態。しかもかなり深い位置で。MFも相手にボールを動かされて、追いかけるだけの守備。こういったことが徐々に疲労となり、最後まで持ちこたえることが出来なくなってしまった。オーストラリアの3点目、アロイージに対応したのは駒野だったが、退場覚悟のファウルで止めることもできないほど疲労していた。あそこは、本来ならセンターバックが対応する場面だと思うが、やはり戻りきれていなかった。

●ミドルレンジからのシュート

フランスワールドカップの後、選手たちは口々に「世界との差はそんなに大きくない。それを縮めていくことが大切。」と言っていたものだが、今やそんなことは口にすら出来ない。例えば、ロシツキーのミドルシュート(あれは別格か)やグリゲラのピンポイントクロスなんかと、ゴールが見えてもシュートすら打たない中村、中田英、精度がいまいちな駒野(クロスすら上げられない三都主は論外)を比較してしまうと、世界との差は広がっていると言わざるを得ない。特にシュートレンジの狭さ、ミドルシュートの意識の希薄さは致命的だと思う。意識がないのか、意識はあっても技術的に自信がないのか、ペナルティエリアの手前にきてもパスコースを探す中田英や中村、もう少しゴールを見て欲しいなぁ。あの二人なら、打てば相手に脅威を与えられると思うけど。まぁ、今までやってないことを急にやれと言っても出来ないのかもしれないが・・・。

○茂庭ワールドカップデビュー

坪井は残念だったが、ハワイ経由ドイツ行き、茂庭が見事W杯でデビューを果たした。後半開始前、ピッチからベンチへ下がる時に先発メンバーと握手して激励していた時は、まさか自分が出ることになるとは思いも寄らなかっただろう。交代で入ったときは何か明るい希望のようなものが感じられた。ビドゥカを弾き飛ばさんばかりにチャージしたかと思うと、ゴール前で相手にフリーキックを与えてしまうが、川口がナイスセーブ。茂庭ラッキーボーイかと思ったが、連携不足が出てしまいケーヒルの逆転ゴールを許してしまった。残念。

いろいろと文句を言ってしまったが、とりあえずは次のクロアチア戦、開き直って悔いのない戦いをして欲しい。

|

« ドイツワールドカップ観戦記【4】 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【6】~ロシツキー!~ »

コメント

もう、本当になんとお声をおかけしたらいいやら…。
ワタシも、今まではなんとなく義理で日本を応援していたようなところがあったのですが、ドイツ戦を見て素直に日本がスキになったので、これまでになく力を込めて応援したのに、ほんとにがっかりです。選手を責めることは出来ませんが、ジーコの采配は…どうなんでしょうか…
サッカーにはてんで興味のない連れ合いも、横で「なんでシュートしないんだよっ!入んなくてもいいからとりあえず蹴れっ!!」と吼えていましたよ。試合が終わった後は「つまらん、やっぱ強いとこを応援する!」と吐き捨てていました(ToT)
> ペナルティエリアの手前にきてもパスコースを探す中田英や中村、もう少しゴールを見て欲しい …まったく同感です。
あとはもう、反省は大事ですが、敗者の気持ちを引きずることなく、クロアチア&ブラジルに向かって行って欲しいです…

投稿: コリアンダー | 2006/06/13 19:40

いつもコメントありがとうございます。

ヒディンクはしっかり日本対策をしてきましたね。三都主にはスペースを与えず、中村・中田はしっかり押さえ込む。。。
しょせん、ジーコが言う「準備は万全」なんて、世界的に見れば甘すぎるということなんだと改めて実感しました。

※一瞬、「坪井がケガをしたから4バック」になるかと思いました(笑)

投稿: こてつ | 2006/06/13 20:47

yamamo8さん、TB&コメントどうもです。
おっしゃるとおり、日本が世界と互角にはならないかもしれませんが、それに近い形で戦うには、中田英と中村の力が必要だと思います。
もはや、この2人には、世界との力の壁を自分自身で打開するために、自分のためのプレーをしてほしいと思います。
なぜなら、きっと、それが日本のためのプレーになると感じているからです。

投稿: kazz-ya | 2006/06/13 23:29

コリアンダーさん
>もう、本当になんとお声をおかけしたらいいやら…。
全然へーきですよー。
こんなこと言ったら怒られるかもしれないけど、結果よりも、いい内容のサッカーを見せて欲しいと思っているんです。もっと出来るハズだと思ってます。ワールドカップの成績でよりも、その中身で自分の国のサッカーを自慢したいです。

こてつさん
こちらこそいつもどうもです。そうか、4バックという手もありましたね。ZICOも舞い上がってすっかり忘れてたんでしょうかね。
準備ねぇ・・・。NHKのハイライト番組で、故障が多いのは、シュート練習のしすぎが原因とか言ってました。

kazz-yaさん
ほんとに中田英、中村はシュート打たないです。それが遠慮とかチームプレーのためだとしたら、違いますよね(技術的な問題なら黙るしかないですが)。ロシツキー、リケルメ、トッティ、カカ、今どきの司令塔(?)はシュートをガンガン打ってます。よくFWはエゴイストじゃなければいけないとか言いますが、これはある意味では、他のポジションの選手にも当てはまるかもしれませんね。

投稿: yamamo8 | 2006/06/14 13:02

残念でした…(泣)
小野が入る前、私はてっきり小笠原(もしくは稲本)が入るかと思ったんですが。川口は最後の10分までは神がかってたのに(T-T)でも、あそこまでよく凌いだと思いました。
yamamo8さんのおっしゃるように、次戦は悔いの無い戦いをしてほしいものです。

追伸:都合により、ブログのアドレスが変わりました。また今後とも、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: a i | 2006/06/15 13:07

a iさん
不可解な選手交代だとか、積極的なシュートの少なさ、誤審騒動、いろいろ問題はあるけど、僕らは応援するしかないですからね。クロアチアも強そうだけど、痺れるような好ゲームを期待しましょう!

投稿: yamamo8 | 2006/06/16 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2199574

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ観戦記【5】~日本負けちった~:

» サッカー日本代表、オーストラリア戦の必然敗 [kazzのお気楽コラム]
昨日行なわれた、ドイツW杯の日本代表の初戦、グループFのオーストラリア戦。 結果は、1-3で日本の敗戦。 気温が30度に迫る勢いのこの日の天候は、明らかに日本に有利かと思われたが、それを逆手に取った“... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 18:20

» 日本×オーストラリア [with Beckham]
ドイツW杯完全“非”公式マニュアルを絶賛配布中です!Adobe Readerが必要です。 日本も開幕。対オーストラリア戦。 序盤から攻められてるのか、攻めさせてるのか不明な今日のジーコ・ジャパン。 全体的にオーストラリアの攻勢が続き、日本陣内でのプレーが多くなって...... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 20:59

» 改めて、オーストラリア戦 [ショウの雑記帳]
オイラが個人的に(ド素人なりに)思った事。ズラズラと。順番も何もめちゃくちゃッス [続きを読む]

受信: 2006/06/14 00:25

« ドイツワールドカップ観戦記【4】 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【6】~ロシツキー!~ »