« ドイツワールドカップ観戦記【1】 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【3】 »

2006/06/11

ドイツワールドカップ観戦記【2】

【トリニダード・トバゴ 0-0 スウェーデン】

1301488593

スウェーデンはいいサッカーをする。ボールも人も良く動き、流れるようなパスワークでトリニダード・トバゴを圧倒していた。ただ、この試合では運がなかった。一世一代の神がかり的なディフェンスにあってしまい、ゴールを奪うことが出来なかった。スウェーデンといえば、攻撃のキープレーヤーとして、ラーション、リュングベリ、イブラヒモビッチの名前を挙げることが出来るが、この試合を見てもう一人お気に入りの選手を見つけた。右サイドでキレのあるプレーを見せていたウィルヘルムション。186179_1 現在はベルギーのアンデルレヒトに所属している26歳だが、そのうちもっと大きなクラブからも声が掛かるのではないだろうか。それと、イブラヒモビッチはやっぱり凄い。後半の至近距離からのボレーシュートは見事。あれだけ高いボールをバランスを崩さずに叩き、こぼれ球にも反応していた。ただ、トリニダード・トバゴの代役(!)GKヒスロップは、この日に限ればもっと凄かった。イブラヒモビッチのスーパーボレーの他にも少なくとも4点は防いでいた。あとはヨーク。マンチェスター・Uで点を取りまくっていたころとは役割ががらっと変わり、文字通りチームの中心選手として攻守にわたって渋いプレーを見せている。次のイングランド戦は、また高いモチベーションで臨むことだろう。しかし、この試合のようなディフェンスがそうそう続くのか、疑問ではある。

【アルゼンチン 2-1 コートジボワール】

ハイライトシーンしか見ていないが、コートジボワールのほうがチャンスは多かった。だが、つめが甘かったようだ。1点差に詰め寄るドログバのゴールは、気迫のこもったドログバらしいシュートだった。アルゼンチンはリケルメが2点に絡む活躍。サビオラのゴールはスローで何度も確認したがオフサイドではなかった。ただ、クレスポが前に飛び出していたし、左サイドにも一人出ている選手がいるしで、かなり紛らわしかった。あれをオフサイドとしなかった副審の判断は見事(アジャラのヘディングシュートを認めなかったお返し?)。もちろんリケルメのスルーパス、冷静に流し込んだサビオラの技術も素晴らしい。そして、きちんとラインが揃っていたコートジボワールのディフェンスにも感心した。

|

« ドイツワールドカップ観戦記【1】 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【3】 »

コメント

エクステンション?は流行ってるんでしょうか?ウィルヘルムションといいアルゼンチン代表のパラシオといい?(謎

スウェーデンは攻撃がスムーズでスピーディーでしたね!見ていて面白い、その前のイングランドとパラグアイのうだうだな退屈な試合を見ていたのもあったから、余計面白かったのかも!? 
ラーションは周りを使うのも上手ですが、最後のフィニッシュのシーンがラーションであればというシーンが後半何度かありました、、、
運の多さでいうと、トリニダード・トバコなんでしょうが、スウェーデンもクロスバーに助けられたシーンもありましたし、お互いさまでしょうか(苦笑) ああいうやり方&運がなければスウェーデンの攻撃は抑えられなかったとはいえ、後半開始早々、一人少なくなったなかでの彼らの頑張りには感動しました♪ベン・ハッカーの采配も見事、いいチームにしあげてきましたね(拍手)

アルゼンチンはペケルマンが選手交代(クレスポ→パラシオ、サビオラ→ルイス・ゴンサレス)するまでは、とても良かったですよ!ただ2点リードしているのに、自ら動くのはちょっと疑問かなと、、、ガス欠だったリケルメに変えてアイマールとかも良かったのかなーと。。 個人的な印象ですけど、やっぱりボランチとCBの控えの選手層の薄さが気になります、アルゼンチンは。後々、デミチェリス、サムエルを外した代償が高くつきそうな気がしました。

コートジボアールは死のグループといわれてるけど、初戦がアルゼンチン、2戦目がオランダって… ほんと対戦の順番が悪すぎます(気の毒) ドログバはちょっと普通じゃないですね(恐ろしい) オランダ戦が楽しみ☆

投稿: ヤマ助 | 2006/06/11 21:44

yamamo8 さん

こんばんわ。
コメントありがとうございます。

W杯、それぞれ見ごたえのある試合が続きますね。

おっしゃるように、スウェーデンは不運といえば、不運でしたね。

そして、明日はいよいよ日本戦ですね!
なんとか先取点をあげて逃げ切ってほしいです。

今後もどうぞよろしくお願いします!

投稿: 「感動創造」 | 2006/06/11 21:55

ヤマ助さん
スウェーデンはイイですよ。サイド攻撃、カウンターアタック、クサビを打ち込んでの中央突破と攻撃のバリエーションも豊富です。少しでも長い間見ていたいチームです。トリニダード・トバゴの頑張りもあり、見ごたえのある0-0だったと思います。
昨日のオランダ-SCGもそうだったけど、15:00キックオフの試合は暑さのためか、どうしてもうだうだのスローペースになってしまう気がします。
アルゼンチンは、使い方はともかく攻撃の駒は豊富なようです。デミチェリスはまさにCB・ボランチが出来るユーティリティプレイヤーですしね。長丁場ですから、破綻が出ないことを願いたいです。
コートジボワールとオランダの一戦は本当に楽しみです。オランダの攻撃陣が目覚めないとやられてしまうかもです。

感動創造さん
コメント、TBありがとうございます。スウェーデンはいいチームだと思います。少し厳しくなりましたが、決勝トーナメントに進んで欲しいです。
いよいよ日本初戦ですね!暑さは日本に有利だと言われていますが、どうでしょうか?僕は思い切りのいいミドルシュートをガンガン打って欲しいと思っています。

投稿: yamamo8 | 2006/06/12 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2168540

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ観戦記【2】:

» いよいよ明日は決戦!日本国民の皆さん!オージービーフを食べませう! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
 みなさん!オージーを食べませう!! いよいよ明日の夜は、決戦です! 日本 VS オーストラリア! 我が家は、今晩は、オージービーフをたいらげましたっ! 心ある日本国民の方は、今晩、もしくは明日! 必ず、オージービーフを喰らっちゃって下さ....... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 21:57

« ドイツワールドカップ観戦記【1】 | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【3】 »