« ドイツワールドカップ観戦記【12】~2巡目が終了~ | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【14】~ジギッチW杯初ゴール~ »

2006/06/22

ドイツワールドカップ観戦記【13】~エクアドルの話~

【コスタリカ 1-2 ポーランド】

コスタリカは、FWゴメスが左足で強烈なフリーキックを決めた。壁に入った味方が上手によけていた。よけ方もフリーキックを決めるために必要なテクだと思った。ポーランドは、得意のカウンターからではなく、セットプレーからDFボシツキが2ゴール。警告が乱れ飛び、消化試合とは思えない激しいゲームとなったようだ。

【エクアドル 0-3 ドイツ】

なんというか、久々に緊張感なくゆったりと見れる試合だ。看板2トップを代えてきたエクアドルは2位でいいみたいだし。クリンスマン監督だけは、そうでもなかったみたい。あの一喜一憂ぶりは、控えめな(しらふの)マラドーナといった感じだった。

エクアドルといえば、カビエデスがコスタリカ戦で決めたダメ押しゴールと、その後のパフォーマンスは、1年前に交通事故で亡くなった代表フォワードのオティリノ・テノリオに捧げたものなのだそうだ。ゴールを決めた後に、マスクを被るパフォーマンスで国内では人気者だったO・テノリオ。カビエデスは”ワールドカップでゴールを決めて、スパイダーマンのマスクを被るのが夢だった”というO・テノリオの意志を継いでみせたのだった。イイ話だ~。

http://news.goo.ne.jp/news/nikkan/sports/20060611/p-sc-tp0-060611-0015.html?C=S

http://sports.livedoor.com/article/detail-3635252.html

日本代表には、こういう発想ってなかったのかな。「田中誠のため」とか・・・。(自分も今思いついたところだけど)。

【パラグアイ 2-0 トリニダード・トバゴ】

トリニダード・トバゴは、結局勝ち点1をあげたものの、ゴールを奪うことが出来ずに大会を去ることになった。このゲームでも、今まで以上にチャンスを作っていたが、最後のところでパラグアイに守られてしまった。しかし、スウェーデン、イングランド、パラグアイといった強豪国を苦しめた戦いぶりはたいしたものだったと思う。昨日のシェフチェンコと同様に、ドワイト・ヨークもなかなかワールドカップに出られない選手の一人だったが、この大会では中心選手としてチームを支えた。フォワードの位置で大暴れ出来なかったのは残念だろうけど、いい大会になったのではないだろうか。パラグアイはいきなりオウンゴールしてしまったり、ゴールキーパーの負傷があったり、スウェーデン戦はロスタイムで失点するなど運がなかった(自国のことだったらそれだけでは済まされないか)。このゲームの2点目は、お手本のようなワンツーからの見事なものだった。

【スウェーデン 2-2 イングランド】

両チームともよほどドイツとやりたくないのか、けっこう本気モードの激しく点を取り合うゲームになったようだ。温存するはずだった(?)ジェラード(カードの累積による出場停止が怖い)まで投入して、勝ちに行ったスウェーデン人のエリクソン監督だったが、スウェーデンに粘られてドローに。オーウェン、ルーニーの2トップでスタートしたが、開始早々オーウェンが負傷退場(クラウチin)。せっかく前の駒が揃ってきたのに、このアクシデントは厳しい。ウォルコットのデビューも間近か。またもや、今大会の特徴のひとつである見事なミドル(ドライブ)シュートが炸裂。J・コールは1ゴール1アシストの活躍だった。ゴールに嫌われていたスウェーデンのアルバックは、177703 ついにボールをゴールマウスの中に入れることに成功。これはワールドカップ通算2000点目のゴールだったそうだグループBからは、イングランドスウェーデンという、因縁の2チームが決勝トーナメント進出を決めた。

|

« ドイツワールドカップ観戦記【12】~2巡目が終了~ | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【14】~ジギッチW杯初ゴール~ »

コメント

こんばんは。
オーウェンは重症でしたね。1戦目からそれほど調子がいいようには見えなかったので、いつかは先発を外れるかなと予想していましたが、まさかこんな形でチームを去るとは思いませんでした。
ウォルコットですが、ボクもはやく観たいです。ただ、彼は注目の若手選手かもしれませんが、合格点を与えられるデビューを飾ったメッシほど経験はない(もちろんですが)ので、期待しすぎは禁物かな?

投稿: こてつ | 2006/06/22 22:29

こてつさん
本調子ではなかったとはいえ、オーウェン離脱で、イングランドのオプションがひとつがなくなってしまいましたね。ルーニーが大暴れ(悪い意味でじゃないですよ)しないと勝ち進むのは難しいでしょうか。
日本は残念でした。中田英にとってはいろんな意味で辛い大会だったのでしょうね。

投稿: yamamo8 | 2006/06/23 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/2317975

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ観戦記【13】~エクアドルの話~:

« ドイツワールドカップ観戦記【12】~2巡目が終了~ | トップページ | ドイツワールドカップ観戦記【14】~ジギッチW杯初ゴール~ »