« 異次元のサッカー | トップページ | 日本-ブラジル前哨戦? »

2006/05/04

名古屋 横浜と引分ける

Jリーグ第11節、名古屋はホームで横浜と対戦。1-1で引き分けに終わった。ネットで情報を集めていたら、なんだかずいぶんと褒めちぎられた記事を見つけた。

http://www.jsgoal.jp/news/00032000/00032717.html

故障者が多く波に乗れない横浜相手とはいえ、3バックに安定感が見られ、古賀をFWに据えることにより、ポストプレーを意識した攻撃が出来るようになったようだ。なんでも、今季最高ではないかと思わせるほどだったらしい。

今季最高でも勝てないのかとか、他にポストが出来るFWはいないのかとか、いろいろとツッコみたいところはあるが、とにかくいい内容を続けていくことが大事。それが名古屋にとって何より難しいことなんだが・・・。

|

« 異次元のサッカー | トップページ | 日本-ブラジル前哨戦? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/1673403

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋 横浜と引分ける:

» 第11節 横浜FM戦 [前線へ。その先へ。グランパスブログ2006]
豊田スタジアムで行われた第11節。いろいろとサプライズの多い試合となりました。 サプライズその1 慶のFW登録 サプライズその2 試合開始早々からの古賀のFW とあったわけですが、開始試合当初から自分の中の頭の整理が付かず混乱。 マルケス・ドゥトラのいないマリノスの攻撃はある意味グラよりひどいような気が します。清水だけ注意しておけば問題ないレベルです。 そし... [続きを読む]

受信: 2006/05/05 21:37

« 異次元のサッカー | トップページ | 日本-ブラジル前哨戦? »