« 名古屋 東京に敗戦 | トップページ | クルマ荒らし »

2006/05/01

ディープインパクト

ディープインパクト、いいです。ひねくれた性格で、強いもの、人気のあるものは毛嫌いしてしまう自分だが、この馬(とバルセロナ)だけは別格。なぜか応援したくなってしまう。どうしてだろうと考えてみると、その理由は、強いんだけどその強さを全く鼻にかけてないところ(こちらの勝手な思い込み?)や、その勝ち方、走り方にけれん味がないところだろうか。とにかく一生懸命、楽しそうに走っている感じが伝わってくるのだ。

去年のダービー、最後の直線の正面からの映像を見たことがある。普通の3歳馬なら、2000m以上走ってきて最後に府中の坂をのぼってくるというのはかなりハードなこと。案の定、他の馬は内へささったり、外へよれたりとフラフラしまくっているのだが、そんな中でディープだけは馬場の中央を真っ直ぐに伸びてくる。その走りっぷりを見て、スーッと鳥肌が立ったのを覚えている。菊花賞、前半からかかりっ放しで、普通の馬なら失速してしまうパターン。ところがディープは圧倒的な力で他馬をねじ伏せ三冠を達成してしまった。最後の直線の走りを見ながらなぜか泣きそうになったのを覚えている。

今回の天皇賞、出遅れて最後尾からの競馬。3コーナーから一気にまくり4コーナー手前では早くも先頭。ものすごい乱暴な競馬にも思えた。普通の馬がこれをやったらまず最後まで持たない。ところが、武豊にしてみると「ペースが落ちたからそう見えただけ。ディープは自分のペースだった」ということらしい。直線でもリンカーンを寄せ付けずにレースレコードを1秒も更新してゴールイン。レースの上がり4ハロン44秒8、3ハロン33秒5というのはディープ自身のものだろう。その前の1ハロンも12秒切るか切らないかくらいだろいから、ディープは最後の1000mを56~57秒くらいで走っているということになる。以前から思っているのだが、ディープはスプリントやマイルでもいい勝負が出来るんだろうなと思う。世界の舞台への挑戦とともに、国内の全ての古馬G1制覇というのも見てみたい気がする。

|

« 名古屋 東京に敗戦 | トップページ | クルマ荒らし »

コメント

コメント有難うございます。私もディープインパクト、好きです。最初は穴党として、対抗馬を探していましたが、今はその強さに脱帽しています。スプリントはわかりませんが(あの出遅れが恐い)、マイルならば勝てると思います。キングジョージでハーツクライに雪辱、凱旋門賞で世界一へ、期待しましょう!

投稿: きりきり | 2006/05/02 09:31

きりきりさん
強い馬でこんなに好きになった(嫌いにならなかった)のは、サイレンススズカ以来です。ディープが出走してくると穴党は本当に困ってしまうのですが、それでも応援してしまう不思議な馬です。確かにスタートは上手くないですね。それ以外はほとんど完璧です。

投稿: yamamo8 | 2006/05/02 13:46

yamamo8さん、コメント&TBどうもです。
たしかにディープインパクトなら、6ハロンや8ハロンの勝負でも勝ってしまいそうですね。
ただし彼のしなやかで優雅なフットワークを見るならば、やっぱり広い競馬場で長めのレースを走らせてあげたい気もします。
どちらにせよ今年は海外重視ということなので、ぜひ7月末のキングジョージに勝って、10月の凱旋門賞も狙ってほしいと思っています。

投稿: kazz-ya | 2006/05/03 09:31

kazz-yaさん
コメントありがとうございます。
海外でのG1制覇、期待したいですね。
距離については、確かにあまり無理をさせて怪我してもいけないですしね。でもマイルのG1は取ってもらいたいかも。

投稿: yamamo8 | 2006/05/03 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/1637754

この記事へのトラックバック一覧です: ディープインパクト:

« 名古屋 東京に敗戦 | トップページ | クルマ荒らし »