« いろいろ | トップページ | 名古屋 東京に敗戦 »

2006/04/30

バルセロナ-ミラン

CLセミファイナル、バルセロナ-ミランの2nd-leg。バルセロナ強かったー。GKのバルデスがひやっとしたのは、開始早々のカカのシュートと後半のシェフチェンコの2本くらいだったような気がする。一方のミランのGKジダは、前半にエトーの決定機を2本ブロック、後半もベレッチ、ジュリ、ラーション、ロナウジーニョ(FK)と目の前をボールや人が行きかう中を懸命のセーブ。結局0-0のまま試合終了となったが、終始バルセロナがゲームをコントロールしていた。後半途中で見られた2分間近く(?)に及ぶボールキープだとか、相手陣内での1タッチ、2タッチでのスピーディな崩しだとか、ロナウジーニョ、イニエスタ、デコらの軽快なボールコントロールだとか、見ていて本当に面白かった。それと、この対戦が決まった時は心配していたバルセロナのディフェンスだったが、よく頑張っていた。マルケス、エジミウソンの復帰がけっこう大きかったと思う。

あと、ミランのベンチにタソッティを発見。オランダ人トリオ(ライカールト、フリット、ファンバステン)がいた頃の右サイドバックなんだけど、顔ほとんど変わってなかった。懐かしいー。

これでファイナルは、アーセナル-バルセロナという組み合わせになった。エトーとアンリの快速FW対決だとか、セスクとイニエスタの中盤でのマッチアップも興味深い。1点を争うしびれる勝負になることを期待したい。

|

« いろいろ | トップページ | 名古屋 東京に敗戦 »

コメント

こんにちは。
ブログに世界卓球に対するコメントありがとうございました。香港には負けてしまいましたが、いい試合を見せて貰いました。「泣き虫愛ちゃん」が成長しましたね。もう泣き虫でもないし・・・
バルセロナvsミラン、こっちも面白い試合でした。結果は0-0でしたが、ロナウジーニョやデコがボールを持つと何をしてくれるんだろうとワクワクして見てました。
オランダ人トリオ懐かし過ぎます・・・ライカールト好きでした。

投稿: *aprile | 2006/04/30 13:46

こんにちは。コメントありがとうございました。ライカールト、ファンバステン、フリットとも監督やってますね。時が経つのは早いです。0-0でも、結果が分かっていても楽しめる。バルセロナのサッカーは、勝利と楽しさ(個人としても、チームとしても)の両方を実現している素晴らしいモノだと思います。これからもよろしくです。

投稿: yamamo8 | 2006/04/30 15:38

面白かったですよねー。ほんとバルサは見てて退屈しません♪イニエスタはヒラリー・スワンクに似てる…と言えば似てなくもない…。ワタシはなんとなく魅惑の瞳がオードリー・ヘップバーンぽいと思ったのだけど同意は得られそうもないなぁ(^_^;)
決勝戦楽しみですね♪

投稿: コリアンダー | 2006/05/01 23:19

コリアンダーさん
オードリー・ヘップバーンですか。いいとこついてますよ。いずれにしろイニエスタは美白のセントラルMFってことに落ち着きました。スペインは中盤にいい選手が揃ってますねー。

投稿: yamamo8 | 2006/05/02 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/1622117

この記事へのトラックバック一覧です: バルセロナ-ミラン:

« いろいろ | トップページ | 名古屋 東京に敗戦 »