« 4兄弟 | トップページ | 久しぶりに新宿へ »

2006/04/22

ミラン-バルセロナ

ようやく見たミラン-バルセロナ戦。この試合で改めて思ったのはイニエスタがイイってこと。デコがいなかったけど、その穴を充分に埋めていたと思う。中盤で汗かき役も出来るし、パスもうまい。効果的な攻め上がりで決定機も作れる。後半にワンツーで中央突破してのシュートはなかなか味があった。ちょっとヒラリー・スワンク顔で華奢だけど、Note_image 頼もしい選手だ。ロナウジーニョはそれほど良くはなかったと思う。そりゃあ、ガットゥーゾとスタムに見張られるなんて、アタッカーからしたらストレス溜まりそうだし、リードするまではいつもの笑顔が見られなかった。心なしか右サイドに流れて(逃げて)のプレーも多かったような気が。。。それでも1本のパスで試合を決めてしまう。ガットゥーゾを振り切った瞬間、ジュリとロナウジーニョには同じスペースが見えていたんでしょう。見事なゴールでした。リードしてからは、だいぶ余裕のプレーが出るようになった。終了間際に、ハーフウェーラインあたりでモッタと二人でウォーミングアップでもするかのようにゆっくりとパス交換しているところなんかは、ミラン側からしたら、「こいつらーっ」感じだっただろう。

ミランが勝ってもおかしくない内容だったと思う。決定機はミランのほうが多かったし。スタムの右サイドバックってどうなんだろう?オーバーラップしてクロス、というケースがけっこうあったけど、なんかぎこちない感じがした。得点の匂いが感じられないクロスが多かった。カカは後半になるとたびたび中央をドリブル突破してチャンスを演出していたけどなかなかゴールに結びつかなかった。ジラルディーノも怖いけど、インザーギの欠場は大きかったみたい。ジラルディーノは気をつけていればなんとか止められる感じだけど、インザーギは注意しててもやられてしまうといった印象がある。インザーギが出てくるとバルセロナはいやだと思う。2nd-legはやっぱりバルセロナが有利だろうけど、1st-legを見た感じでは、ミランにも1-0のスコアにして(2試合合計1-1にして)90分を終わらせる力は充分にあると思う。延長になれば、これはもうどちらに転ぶかわからない。いったいどちらがファイナルに進むのか?地上波しか見れないし、ポチゆきさんのように徹夜してスポーツバーに見に行く体力もないし、リアルタイムで見れないのがもどかしい。

|

« 4兄弟 | トップページ | 久しぶりに新宿へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/1499794

この記事へのトラックバック一覧です: ミラン-バルセロナ:

» サッカー界の芸術家の名称。ファンタジスタ。 [フットサルチームをつくろう!〜日本一のフットサルチーム目指して〜]
サッカー中継などでしばしば、ファンタジスタという言葉を聞きませんか?ファンタジスタとは、独創的なプレーでゴールを生み、状況を打開できる、チームのエースの中のエースだけが、そう呼ばれます。まさに、フィールドのアーティスト(芸術家)です。 [続きを読む]

受信: 2006/04/23 00:20

» CL★ミランvsバルセロナ [ショウの雑記帳]
どちらも欠場者がいるが、この2チームなら面白い試合を見せてくれるだろうと期待。ビ [続きを読む]

受信: 2006/04/23 09:03

« 4兄弟 | トップページ | 久しぶりに新宿へ »