« 切腹最中(もなか) | トップページ | 父島ってどこよ »

2006/03/01

ボスニア・フェルツェゴビナ戦感想

ボスニア・フェルツェゴビナ、上手かったなー。セルビア・モンテネグロやクロアチアと比べるとレベルが落ちるイメージを勝手に持っていたけど、さすが東欧のブラジル、旧ユーゴスラビアの一員。大きいだけではなく、技術もしっかりしている。しっかりと短いパスをつないで攻めてくる。パスのコース、角度のつけ方、スピードの強弱が絶妙だった。コンフェデの時のメキシコのような感じがした。ペナルティエリアの手前あたりで、あれだけ余裕を持ってパスを回せるとは・・・。解説もさかんに「回されてますねー」と言っていた。ゴールへ向えなくても、そこで十分に引き付けてからいったんサイドへ開いてクロス、みたいな攻撃が特に後半は目立っていた。日本は中田英、中村が良かったと思う。中田英の大きなサイドチェンジや、中村から前線へのピンポイントのパス、そしてセットプレーは大きな武器だと再確認した。1点目のコーナーキックなんて、相手のキーパーは取れると思って出てきたのだろうが、そこから大きく曲がって結局触れずに高原に決められてしまった。ただ、いかんせんパスの出し手と受け手の二人だけで攻撃している感が強い。確かに武器なんだけど、もう少し組織的に崩していく形がほしい。そして、日本はカウンターが遅い遅い。前半に、相手のコーナーキックからカウンターになりかけた時があった。右サイドのハーフウェー付近に残っていた久保にパスが通り、よしっ!と思ったら、いくら待っても味方の選手が画面に入ってこないんだもの。あの時はびっくりしましたよ。カウンターってある程度の約束事が必要なんだろうなと思った。あの場面、チェルシーだったらパス2本でシュートまで持ってくだろうとか想像してしまった。しかし、なんだかんだ言っても日本もずいぶんと選手層が厚くなってきた。交代メンバーが豪華なこと。松井を温存(?)するほどだから。

あと、左サイド問題については本当にどうにかならないもんですかねぇ・・・。他のチームメイトはどう考えているのだろうか?興味津々。

|

« 切腹最中(もなか) | トップページ | 父島ってどこよ »

コメント

コメントありがとうございます。
ボスニア・へルツェゴビナ良いチームでしたね。
結構好きなタイプのチームです。
日本にはカウンター攻撃は存在してませんよね。どうにかなりませんかね。
MF陣は世界レベルだと思うのですが、それだけでは勝ち切れませんね・・・ちょっと不安です。

投稿: Ryon | 2006/03/02 13:19

コメントありがとうございます。
去年のCL、バルサ戦で決めたチェルシーのカウンターは本当に見事でした。とにかく、いいサッカーが見たいです。

投稿: yamamo8 | 2006/03/02 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/879759

この記事へのトラックバック一覧です: ボスニア・フェルツェゴビナ戦感想:

« 切腹最中(もなか) | トップページ | 父島ってどこよ »