« 初めて経験すること | トップページ | 荒川選手の決断とは »

2006/02/09

ストイコビッチのことを書いてみた

ストイコビッチの動画を見つけた。

http://video.google.com/videoplay?docid=-3910814795109042673&q=Stojkovic

ストイコビッチというと思い浮かぶのは華麗なアシストだ。例えば、鹿島戦で左サイドゴールライン付近で、対峙した本田の股間を抜いてゴール前の岡山に通したパスだとか、ワシントンD.C.ユナイテッド戦で、望月からの横パスをワンタッチで右足アウトサイドにかけて相手の頭上をふわりと浮かせて、走りこんだ岡山にぴたりと合わせたパス(描写長っ)とか・・・。そして、このダイジェストをあらためて見ていると、アシストだけではなくゴールも数多くあげていることがわかる。シュートフォームがとても美しい。そのほかにも、フリーキックやループシュート、キックフェイント(天皇杯決勝の広島戦を見て!)、深い切り返し、お約束のヒールパスなど、本当に見ていて楽しい。よく言われていることだが、祖国の紛争がなければもっと大きな舞台で活躍していただろう。でも、そのおかげ(?)で日本でプレーすることとなり、間近で見ることができた。日本での最後のリーグ戦、アウェイなのに真っ赤に染まった味スタでの東京ベルディ戦を見に行ったときのことは、今でも思い出すと鳥肌が立つ。大好きな選手です。

|

« 初めて経験すること | トップページ | 荒川選手の決断とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/656584

この記事へのトラックバック一覧です: ストイコビッチのことを書いてみた:

« 初めて経験すること | トップページ | 荒川選手の決断とは »