2011/08/18

2010&2011比べてみた

ACL参戦のため延期になっていた第9節を消化し、Jリーグは21節まで終了。暫定が取れた順位表のトップに立ったのは昨シーズンのチャンピオン、名古屋グランパスです。

2010シーズンと2011シーズンの成績を比較してみました。対戦相手も違うし、今年は日程だったり選手たちのメンタル、モチベーションに影響を与える色んなことがあったのであくまで参考としてですが。

         2010    2011 

勝利       14     12

敗戦        5      2

引分け        2      7

勝ち点      44      43

得点        34      40

失点        24       22

得失点差    +10     +18

1点差勝利     8      5

1点差敗戦     3      0

無得点       2      2

無失点       8      7

3得点以上     3      

3失点以上     4      2

昨シーズンと比べると、得失点差が大きく増加しています。昨シーズンは、せっせと積み上げてきた1点差勝利での貯金を一気に吐き出す大敗が目立ちましたが、今年は1点差勝利の割合が減り、3得点以上した試合の割合が増えているのが得失点差増に結びついています。

レギュラーと言われるメンバーをフルに揃えることが出来ていない状況でここまでやってきているのは素晴らしいと思います。春先、5月の柏戦くらいまでは見ていられないような試合が多かったのですが、よくここまで持ち直したと思います。藤本淳吾が効いてきたのが大きいと思います。

残り13試合、2010シーズンは9勝3敗1引分け(勝ち点28)で乗り切りました。相手は山形・横浜FM・清水・仙台・新潟・神戸・C大阪・鹿島・大宮・湘南・FC東京・磐田・広島(ホーム6試合、アウェー7試合)でした。

今シーズンの残り試合の対戦相手は、仙台・川崎・甲府・鹿島・神戸・清水・G大阪・大宮・C大阪・横浜FM・山形・新潟。ホーム6試合アウェー7試合。今年のほうが骨っぽい相手(太字)が多く残っているように思います。もちろん、どのチームも決して侮ってはいけませんが。最終節が新潟アウェーというのはプレッシャーですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/20

地デジ化

なでしこが世界一になった日、わが家では地デジ化が完了しました。

地デジ化前 ↓

Cimg0439

地デジ化後 ↓

Cimg0449

IKEAで買ったテレビ台の組み立てには想像以上のハードワークが要求されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/17

大人買いで

andymoriのアルバム3枚揃った~

Cimg0435

どれも良いです。

最近はyoutubeとかでandymoriの動画漁るが日課になってる。

そんな中で一番気に入っているのがこれ。

2:52くらいからの「シンガー」が今一番好きな歌。

andymoriのどこが好きかといえば、小山田壮平の声と曲と歌詞なんだということを再確認してしまう曲。

あと、どうでもいい情報だけど、2010年11月までメンバーだったドラムの後藤大樹は増川に似てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

なでしこファイナルへ

女子のサッカーを見るために朝3時過ぎに起きることになるとは思わなかった。

バルサみたいだと形容されていたなでしこジャパンのサッカー。いくらか盛られてるんだろうと思ってたけど、ほんとうにバルサみたいだった。GKはパントキック蹴らないし。チャンピオンズリーグ決勝のバルサvsマンUみたいだった。

やっぱり2点差あると落ち着いて見てられる。終了間際の時間稼ぎもグランパスと違って巧みだった

決勝の相手は、まるでワシントン(元浦和)のような反則級のFWワンバックを擁するアメリカ。日本は、キャプテンを筆頭に少し達成感に包まれてしまっているような気がするところが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

2011 J1リーグ第3節 神戸×名古屋

神戸 0 - 1 名古屋

・直志ナイスゴール。自陣で相手ボールを奪うとドリブル一気に駆け上がっていき、一息入れてからおもむろに右足を振りぬきました。今シーズンはシュート意識が向上し、毎試合必ずミドルを狙っているのが印象的でしたが、その積極的な姿勢が身を結びました。川崎の稲本や清水の小野のミドルなど、今節は凄いゴールが多かったのですが、それらを抑えてアフターゲームショーの「今節のベストゴール」に選ばれました。

・磯村いいですねぇ。ワンタッチでさりげなくグラウンダーのタテパスを入れるセンスがいい。彼が触るとパスがいい感じでつながっていきます。後半あれだけ早いタイミングで代えられる理由がわからん。疲労を残さないようにということか。前半、上手く飛び出してペナルティアーク付近の『磯村ゾーン』でパスを受けたものの、シュートに行かないでパスを選択してしまったのはもったいなかったな。

・動きの少ない名古屋攻撃陣の中で、小川のウラを狙う動き出しの早さはやっぱり重要。あとはシュートを決めるだけ。まずは枠内へ飛ばそう!

・最近、闘莉王が足元にキープして前線へのパスコースを探してモタモタしてるシーンが目立つ。前の動きが足りないのもあるだろうけど、闘莉王も一発でいいところを狙いすぎてる感じ。出し手と受け手の関係だけだと、相手DFもわかりやすいからつぶされてしまうことが多い。もっと割り切って、横パスを回してダラダラとサイドを変えながらどこかでペースを変えてタテに入れるとかしてもよさそう。

・前半は、あとはゴールを決めるだけといった感じの圧倒的な名古屋ペースでしたが、後半神戸が出てきて一転大苦戦に。前半から神戸にあれをやられていたらどうなっていたか。

・まわりは「苦しい戦いをモノにする勝負強さ」とか「名古屋らしい勝ち方」とか言ってくれるけど、まだまだ危なっかしい。Jリーグは決して楽な戦いばかりではないというのは分かってるけど、それにしてもギリギリの戦いが多い。このままでは、負担がかかるダニルソンや両CB、それに無茶しすぎる直志がまたいつ肉系トラブルに見舞われてしまうかわからない。余分なイエロー累積で肝心な時に出場停止なんていうリスクも増える。もう少し安心して見られる展開を増やしていかないと、若手を投入して経験を積ませることもブルゾを投入して和んだりもすることも出来ない。

・柏の右SB酒井のクロスは球質・コースがイイ。人に合わせるのではなくスペースに放り込む感じ。「中で合わせてよ」みたいな。

・FC東京の梶山はヒロシに似てる。

・竹内彬がまた決めた。今季5点目。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/30

andymori ~すごくいいバンドなんだ~

ラジオで「革命」を聴いて思いっきりツボだったandymori。

歌詞もテンポも声もかっこいい。

取り急ぎ近くのレンタルショップから

「ファンファーレと熱狂」

61olnot4ndl__sl500_aa300__2

「革命」

51kqu5n3bl__sl500_aa300__2

の2枚を借りて聴いてみたけど、やっぱりすごくいいバンドでした。

ようやくキノコ中毒から開放されました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/06/25

2011 J1リーグ第18節 名古屋×浦和

名古屋 1 - 1 浦和

磯村ナイスゴール。数人が連動して崩した美しいゴールでした。それにしても、初ゴールの時もそうだったけど、あの位置から力任せに蹴らないでしっかりとコントロールする落ち着きはたいしたものです。これまでの名古屋のアタッカーにはいないタイプ。さすがユース育ち。

またしても終了間際の失点。痛いです。思いっきり叫びたいです。非常に後味が悪いです。でも、過密日程の6月を3勝2分けで乗り切りました。悪くないです。事故が無ければ5連勝してたかも知れないわけで、もったいないような気もするけど、チーム全員が厳しいコンディションの中よく闘っていました。お疲れ様でした。久しぶりに1週間空くので、コンディションを整えてまたいいサッカーをして欲しいです。楢崎、リシャルデスは大丈夫だろうか。

最後のPKの場面、マゾーラの表情はかなりテンパってるように見えて、思いっきり打ち上げてくれるんじゃないかと淡い期待を抱いたのですが・・・。

原口のドリブルシュート、おっかないです。小川に見習って欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/18

2011 J1リーグ第16節 名古屋×大宮

名古屋 2 - 2 大宮

磯村、J初ゴールおめでとう!見事なコントロールシュートでした。

ピクシー、付け焼刃の3バックはもう2度とやらないで下さい。ほんとカンベンして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/03

2011 J1リーグ第13節 名古屋×福岡

名古屋 5 - 2 福岡

結果を知っててスカパー録画を見たわけですが、いい試合だったと思います。リードしてもあっさり追いつかれてしまい、後半30分過ぎまで突き放せないといった拙いゲーム運びは、リアルタイムで見ていたら確かにイライラするものだったかも知れないけど、ボールの運び方なんかはけっこうスムーズで、前や裏への意識も強く、今シーズンの中では一番いい内容だったと思います。2-1から2-2に追いつかれるまでの間にあったビッグチャンスをしっかりと決めていればもっと簡単な試合になっていたのですが。

このゲームでいつもと違っていた(良かった)ポイント

①単純なミスでボールロストすることがなかった

②中村直志の積極的なウラへ飛び出し

③相手GKとDFラインの間への低くて速いクロス

④決定機を数多く作れていた

⑤田中隼がバックパスをほとんどしなかった

それでも、せっかくの高いポゼッションが効率よくフィニッシュにつながらないのは、みんなトラップが下手だからだと思いました。ワンタッチ目を浮かせる→それを押さえるためにもうワンタッチ→せっかくフリーになりかけても相手に寄せる時間を与えてしまい→仕方なく後ろ戻して作り直し。というようなパターンが多い。ボールをコントロールするのに2タッチも3タッチもしてるようではスムーズな攻撃になりません。バルセロナを見た後だけにその違いがはっきりと分かりました。名古屋は、バルサよりもロングレンジのパスが多いのでトラップが難しい時もあるとは思いますが。特に酷いのは小川。なんでもないパスをトラップミスして2、3メートルもそらしてしまう(それでも自分で追いかけてマイボールに出来る、つまりそれだけ周囲に相手がいないという状況)のは何とかならないでしょうかね。相変わらずボールのないところでの動きは良さそうなだけに、オンザボールでのプレーの効率をもっと高めていけば、名古屋の攻撃はもっと良くなると思います。

それにしても、

竹内どうしちまったんだー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/30

CL決勝 バルセロナ×マンチェスターU

バルセロナ強すぎ。戦前は、シャルケを寄せ付けなかったマンチェスターUってどれだけ強いんだろうとか思ってたけど、そのマンチェスターを完全に子供扱い。もっと緊迫したゲーム展開を期待していたものとしては、正直つまらなかった。だけど、眠くなることはなかったなぁ。

バルセロナの選手はみんな上手い。ヒールパスとか派手なフェイントとかトリッキーさがあるわけじゃない。でもすでに語りつくされていることだけど「止める」「蹴る」がとにかく正確。状況判断も早くて正確。一見、オールコートで鳥かごをやってるような感じ。でも、ただ回してるだけではなく、ジワジワと相手ゴール方向へ進んでいって、DFが気を緩めたところでシャビやイニエスタあたりから、並の選手には決して見えない(出せない)コースに決定的なパスが通りシュートにつながっていく。

メッシとビジャのゴールが印象的。二つともシュートブロックにきたDFを照準にシュートを打ってるように見えました。正確にはDFのギリギリ脇あたりを狙ってる。そこをストレート系ではなく曲げて抜くことが出来れば、GKからすれば塞がっているはずのコースからブラインド気味にシュートが飛んで来ることになるので非常に厳しい。動きの中でフリーキックを打ってる感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今一番好きな選手